アフィリエイト

初心者必読!アフィリエイターが100記事を目指すことの重要性!

ATSUSHI
ATSUSHI
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

あらためまして、ATSUSHIです!

 

ブロガーやアフィリエイターがサイトを作成するとき、まずは100記事目指して書こう!と言われています。

今話題の”ブロガーの人”さんも100記事書く意味についてツイートしています。

 

“ブロガーの人”さんはただ100記事書いてもそれは書くことに慣れただけであり、どうやったら自分の記事を読んでみようと興味を持ってもらえるか?など、とても有益なことが書かれています。

でも、僕が一年前にアフィリエイトをやり始めたころも、師匠から同じことを言われましたが、でも全く意味がわかりませんでした。

記事を書くセンスがあって、分析とかが得意であれば問題ないかもしれませんが、まだ実力がないアフィリエイターにとっては、もう分析とか考えただけで挫折してしまうと思います。

100記事書けば必ず何か得るものがある!

じゃあも文才や分析力がない人はもう諦めた方がいいの?と思うとそうではありません。

得策がない初心者ならば、もうとりあえず100記事作成しましょう!

1記事20文字とか極端に少ないのはナシですが、1記事1000文字〜2000文字を100記事です。

僕がアフィリエイトをやり始めたとき、100記事書けばすぐに収益が上がると思っていました。

何もわからないまま、数ヶ月かけてそれっぽい記事を100記事書きましたが、もちろん収益はZERO円です。格好良く書いてみましたが、1円にもなっていません。

100記事書いたときにわかったことが、

この内容では全くもって1円にもならないことでした。

いやいや、1円にもなってなかったら意味ないじゃないかって思うかもしれませんが、でもダメな部分に気付くことって重要だと思いませんか?

次は同じことしなければいいんですから。

100記事書くことで師匠から直接アドバイスをもらえた

100記事を書くことで、自分の実力では全くもって通用しないことがわかったんですが、そこでも諦めようと思いませんでした。

僕がお世話になっているオンラインサロンでは毎月勉強会、いわゆるオフ会的なのが開催されているんですが、100記事規模のサイトを持っている人だけが参加できる「少人数勉強会」というのがあります。

これは少人数でお互いのサイトを見てアドバイスをしたり、師匠に直接サイトを見てアドバイスをいただけるので、すごく有益な会なんです。

ダメサイトだろうと、100記事は100記事。

僕は100記事を書いたことでその少人数勉強会に参加することができました。

そこで少人数勉強会で一緒になったとあるメンバーさんに言われたのが「これ、誰に向けて書いてるんですか?」という衝撃的な一言でした。

え、サイトを見てくれるユーザーでしょ?と思ったんですが、どうやらよくあるサイトのコピペみたいな感じで、しかもターゲットが定まっていないので内容もフワフワ。

結局アイフィリエイトの記事って全員に共感される必要はなく、むしろ誰か一人の心にでも響けば成約するんですよね。

結局、もうこのサイトは諦めた方がいいということで、すぐにサイト作成を辞めました。

でもあれこれ話をしているうちに、そのメンバーさんから

「アツシさんは自分の好きなことや知っていることだとすごく話し方が弾んでいるからそういったサイトの方がいいんじゃないかな?」

とアドバイスをいただき、さらにはこういったサイトが向いてるかも?とサイト作りのノウハウや記事構成まで考えてくれました。

100記事が終わりではなくスタート

その後、そのサイトを作り始めて1ヶ月(そのころは記事数も20記事ぐらい?)で1件発生させることができました!

1件発生したときは物凄く嬉しかったのを覚えています。

そのサイトは今はとりあえず100記事まで更新し、今は月に数記事入れている程度です。

一時はあらゆるキーワードで検索順位1位にまでなり、アドセンスの収益も伸びてきました!(8月のGoogleのアップデートによってだいぶ下がってしまいましたが。。)

100記事書くことでやっとスタートラインに立てた気がします。

あのとき、100記事書かずに少人数勉強会に参加していなかったら、今頃は1円にもならないふんわりサイトを作り続けていたかもしれません。

僕は100記事を書くことで違った恩恵を受けることができましたが、でも100記事書けば何かが変わる!ということです。

分析するのが苦手な人はまず100記事目指そう

僕のように分析とか苦手、というか何から分析したらいいのかもわからない!という人はまずは自分なりにでもいいので100記事目指していきましょう。

100記事書けば、ある程度上の順位に来る記事もわかってくるので、上位記事から修正していけばいいだけです。

検索順位300位の記事をいくら修正しても誰も見てくれなかった意味ないですから。

これだけは抑えておこう!

とりあえず100記事を書くことをオススメしていますが、とりあえずこれだけは抑えて欲しい点があります!

  • 自分のサイトと似たようなキーワードのサイトで、検索順位が上位の記事を模写する
  • 誰に向けて書くのか、細かく具体的に設定する

この2点は意識しておきましょう。

例えば「メンズ 洗顔」と検索すると様々なサイトが表示されますが、上位に表示されたサイトを見て、まずは模写しましょう。

模写することで、記事の書き方や表現、構成などの勉強になります。

 

そして一番大事なのは誰に向けて書くのかです。

「メンズ 洗顔」でも、20代の男性に向けて書くのか、40代後半の男性に向けて書くのとでは記事の内容が違いますよね?

20代の男性が洗顔料を欲しい理由として考えらえるのは、安くて良い洗顔料はないのかな?女性からモテたい、ニキビがひどいからといった理由が考えらると思います。

しかし40代後半となると、高くてもいいから清潔感のある肌を取り戻したい、娘から顔が汚いと言われたから何とかしたい、など20代と40代では洗顔料が欲しい理由が変わってきます。

まずはその悩みをくれた人に、手紙を書くつもりで作成してみましょう!

 

ATSUSHI
ATSUSHI
少し難しかったですか?

でもまずは100記事を頑張って目指してみましょう。

僕もまだまだ月収18万円にはほど遠いですが、自由なライフスタイルを手に入れるため奮闘中です!

お互い一緒に頑張りましょう!

 

SUKIKOTO Radioはじめました

SUKIなKOTOを発信していくオリジナルラジオコンテンツを配信開始しました!

その名も【SUKIKOTO Radio】

仕事の話、好きな音楽の話、旅行の話や日々感じたことをお届けします。

あなたのライフスタイルが少しでも豊になるお手伝いができればと思います。

ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

SUKIKOTO Radio チャンネル登録はこちら

関連記事