介護

入居金はいくら必要?入居金0円の老人ホームの探し方!

 

アツシ
アツシ
アツシです。

親の介護が必要になったとき、老人ホームへの入居も検討すると思います。
そのときに疑問なのが入居金はいくら必要なんでしょうか?

今回は老人ホームの入居金と入居金0円の老人ホームの探し方についてお伝えします!

 

きらケア老人ホームなら快適な老人ホームが見つかる

入居条件や老人ホームの種類が多すぎて結局どこがいいのかわからない。
きらケア老人ホームではコンサルタントがお話しをお伺いし、あなたに代わって老人ホームを探してくれます!

>>老人ホームを探すなら【きらケア老人ホーム】

 

入居金0円の老人ホームはたくさんある

特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの公的施設は入居金が無く、企業が運営する有料老人ホームやグループホームなどの民間施設は入居金が必要な場合があります。

有料老人ホームなどは支払い方法が複数用意されている場合もあり、その場合月額料金が高く設定されていても入居金が0円で済む場合もあります。

特別養護老人ホームは入居一時金がなく、介護保険が適用されている為民間の施設と比べると月額の費用を安く抑えられます。

入居金を抑えられる老人ホームはたくさんありますが、ケアハウスの場合入居一時金となる保証金が一般型で約30万、介護型で数十万〜数百万かかります。

自分たちの予算に合った老人ホームはどんな場所があるのかを、地域包括支援センターや民間の介護施設紹介センターなどで情報を確認する事ができます。

入居金0円だと月額利用料が高くなることもあるので注意!

入居金0円の老人ホームだと毎月の利用料のが高くなることがありますが、まずは老人ホームの支払い方法について見ていきましょう。

①全額前払い方式

就寝に渡って支払う家賃等を一括して前払いする方式です。

後々の大きな支払いがない為、経済的な計画を立てやすくなります。

②一部前払い方式

就寝に渡って払う家賃等の一部を前払い、その他を月払いする方式です。

返還金制度を利用できる為、償却期間が過ぎる前に退去になった場合、入居一時金として支払った額の未償却分が返金されます。

③月払い方式

前払い金を支払わず、全ての費用を月額で支払う方式です。

④選択方式

上記の3つから選択。

3の月払い方式を利用した場合初期費用は抑えられますが、1と2に比べて月々の支払い額が増えてしまう可能性があるというデメリットがあります。

また、何らかの理由で入居費用が値上がりするも可能性もある為、支払いの計画を立て直さなければならない可能性が出てきます。
しかし月払いが一番損ということではなく、他の方式にもデメリットがあります。

全額前払い方式は値下げがあっても差額が返金されません。
一部前払い方式は全額前払い方式に比べて月々の支払いが高めになっている場合があります。

無理なく払える金額か把握しておく

入居金と月額利用料を見てまず考えておきたいのが、入居者の年金や自分の収入と照らし合わせ、無理なく支払っていけるのかをきちんと把握する事が大切です。

 

例)

年金が1ヶ月あたり15万ほどで月額利用料が20万その他の費用が5万ほどであったとします。

その場合、毎月の支払い額が15万−25万=−10万円となります。

 

その他の費用のうち医療費や薬代は、要介護度の変更や症状の変化による医療費の変動などの理由で変動する場合があります。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの介護保険施設では、医療費控除による税金の還付を受け取る事ができますが、民間で運営されている有料老人ホームなどでは受けられないので注意が必要です。

かかる費用だけではなく、少しでも自己負担を減らすためにどのような補助金や控除を受けられるのかを、きちんと把握する事も大切です。

入居金0円の老人ホームはサービスが悪いのか?

入居金0円の老人ホームはサービスが悪いのか?というとそんなことはありません。

金額による質の差がある可能性はありますが、安いからサービスが低かったり悪かったりという事はありません。

また支払い方法が選択できる老人ホームなどであれば、サービス内容が変わらない場合もあります。
その為金額に差があってサービスの質が同じであれば、こちら側から利用するサービスを選別していく事が必要になってきます。

要介護者の自立度が高ければ、必要のないサービスで余計にお金がかかってしまうということもあるかもしれません。

要介護者がどこまでできて何ができないのか?必要なサービスは何なのか?を把握した上で利用するサービスを選別していけば、入居金がなく月額利用料が上がったとしても月々の負担を抑える事は十分可能です。

月額利用料として含まれるサービス内容に必要ないものが含まれる可能性もあるので、各老人ホームの内容と比較して要介護者に合ったサービスを選別していく事も大切です

親を中心に考えることが重要

介護者自身の負担から老人ホームへの入居を検討するのは大切な事です。

ですが、経済的な負担が上昇して更にストレスを蓄積させて、介護が更に困難になってお互いに共倒れとなってしまうような事態は避けなければいけません。

もし介護を受けるご家族が自宅で過ごしたいと言われた場合、ある程度自立されているのであればヘルパーなどを利用して、自宅でサービスを受けるという方法もあります。

まずは介護を受ける方が、これからどう過ごしていきたいのかを汲み取って考えてあげることが重要です。
その為にどんな介護サービスが必要なのかを把握して、どうすれば要介護者の意思に沿った生活を送らせてあげる事ができるのかを理解する事が大切です。

ケアマネージャーや相談員にご家族の意思を伝えて、気持ちに寄り添いながら必要な介護サービスを選択してあげてください。

入居金ゼロ円の老人ホームを探すならコンサルタントにお任せ!

 

アツシ
アツシ
結局入居金がゼロ円の老人ホームを探そうにも、老人ホームごとに料金形態が異なりますし、仕事で忙しいのに、いちいち調べて探すのはとても面倒ですよね。

 

そうした手間を省くためにも、老人ホーム探しのコンサルタントに相談するのが一番早いです。
コンサルタントがあなたの希望の条件に近い老人ホームをピックアップしてくれるだけでなく、見学などの日程調整もしてくれます。

 

アツシ
アツシ
老人ホームに詳しいコンサルタントに探してもらう方が、老人ホームのメリット・デメリットもわかるので入居してから「聞いていたのと全然違う」といったことがないのがいいですね。

 

コンサルタントに相談するならきらケア老人ホームがオススメです。

せっかく気に入った老人ホームがあっても満室で入居できない場合もあります。
しかし、きらケア老人ホームではコンサルタントが入居時期や空室状況なども考慮してピックアップしてくれるのでとても効率的です。

まずは希望する費用や条件にあてはまる老人ホームが近くにあるのか?今の予算ではどういった老人ホームがあるのか?など老人ホームに関する疑問を聞いてみるだけでもOKです。

ぜひ一度相談してみましょう!

 

\ きらケア老人ホームについてもっと知りたい方はこちら /

最短1週間で入居も可能!きらケア老人ホームの口コミ・評判は? きらケア老人ホームなら最短1週間で入居可能! 突然親の介護が必要になった、どういった老人ホームがあるのか知っておきたい...

今すぐ相談したい方はこちら

 

 

関連記事