介護

親の介護が必要になったとき在宅介護か老人ホームへ預けるべきか悩まないために

 

アツシ
アツシ
親の介護が必要になったときに悩むのが、在宅介護をするか老人ホームへ預けるべきかだと思います。

 

自分の親のことなので、できるだけ在宅介護をしたいと考える方はとても多いです。
しかし、日中に仕事をしているとずっと面倒を見ていられないなど色々と問題もでてきます。

それが苦にならない人であればいいですが、中にはいつまで続くかわからない介護を続けていくことで、介護うつになってしまったり、虐待などしてしまうこともありません。

ただ老人ホームだともちろんそれなりに費用が発生するので難しい問題だと思います。

 

【きらケア老人ホーム】なら親も納得の老人ホームが見つかる!

入居条件や老人ホームの種類が多すぎて結局どこがいいのかわからない。
そこできらケア老人ホームでは、あなたの希望条件を元にコンサルタントが最適な老人ホームをピックアップしくれます!
それだけではなく、あなたも家族も皆笑顔にしてくれます。

>>老人ホームを探すなら【きらケア老人ホーム】

 

在宅介護と老人ホームはどっちがいい?

 

アツシ
アツシ
今後どうすべきか悩んでいるかもしれませんが、まずは在宅介護と老人ホームのメリット・デメリットを見ていきましょう!

 

在宅介護のメリット・デメリット

メリット

在宅介護の一番の利点は、お互いが住み慣れた自宅で過ごすことができる安心感です。

日中お仕事をされている方等は、訪問介護や通所介護を利用して日中の負担を軽減させることも可能です。
数日の外泊などであればショートステイを利用することも可能です。

また、費用も老人ホームに入居させるより格段に安いので、経済的に助かります。

デメリット

ご家族の要介護度が高いほど、介護者への身体的精神的負担が増大します。

特に夜間は、症状によっておむつ交換や体位変換等の定期的な対応をしなければいけません。
認知症の方であれば、昼夜逆転などによる行動の見守りが必要になってくる場合があります。

そのため、十分な睡眠が確保できずに介護者自身の健康状態に支障をきたしてしまう可能性があります。

老人ホームのメリット・デメリット

メリット

最大の魅力は、常に介護の専門スタッフが24時間体制で見守りを行なってくれる点にあります。
また老人ホームによってはリハビリによる身体的機能の維持増大や、レクリエーションなどの楽しみによる精神面での負担軽減を図ることができます。

老人ホームによっては「看取り介護」「ターミナルケア(終末期看護)」まで対応してくれる場合もあります。

介護者自身の介護ストレスや使命感を軽減させることができます。

デメリット

老人ホームにもよりますが、月額で10万から30万ほどの利用料が発生してしまう為、大きな経済負担となります。

老人ホームごとの行なっているサービスの違いによって、例えば「外部サービスの利用」や「看取りの有無」などから更に負担が発生する可能性もあります。

特別養護老人ホームは(収入に応じて)比較的安く入居できますが、経済的負担が少ないので入居希望待ちの人も多く、基本的には要介護3以上の方が対象となります。

老人ホームへ預けることに抵抗がある人は多い

住み慣れた家を離れたくない、自分の家族にお金の負担をかけさせたくない。
もしかしたら介護を受ける方は、こんなことを考えているのかもしれません。

介護をされるご家族も、大事な家族を他人に預けたくない、自分たちから他所へ引き離す様な真似はできないというような考えもあると思います。

ただ、大切なのは、自分たちだけで悩まないことです。

 

アツシ
アツシ
老人ホームにご家族を預けるということは、決して親不孝なことではありません。
親と離れて過ごし、たまに訪れて近況などのお話をしてあげるのも一つの家族の形です。

 

離れていても、常に見守りをしてくれる介護や看護の専門スタッフがきちんと対応をしてくれています。

実際に入居して話や趣味の合う新しい友人が増え、レクリエーションに参加して新しいことを楽しんでいただける場合もあります。

ご家族と一緒にずっといたいという気持ちもあるかとは思いますが、ご家族だけではなく自分自身の為にも、悩んで抱え込まずにまずは専門のスタッフに相談をしてみてください。

在宅介護だと限界もある

在宅介護を続けていく上で、要介護者の進んでいく程肉体的や精神的な面の負担も増大していきます。

排泄ケアを続けていて腰を痛めてしまったり、介護食を毎日考えたり作ったりと頭を悩ませて精神的なストレスを抱えてしまう可能性もあります。

認知症の方であれば同じ発言やわがままを繰り返したり、少し目を離した隙にどこかへ行ってしまったりと、様々な対応を毎日繰り返していかなければなりません。

これらの状況が夜間に発生することも多々あります。

その為睡眠不足や介護者本人の昼夜逆転が起こってしまい、介護者本人の健康状態悪化に繋がってきます。

 

アツシ
アツシ
この様な生活がいつまで続くのかわからない現状が、結果として介護が原因による介護離職、介護ストレスや介護うつなどになってしまい、共倒れになってしまう危険も出てきます。

 

一番恐ろしいのは、抱え続けた日々の不満が爆発してしまい暴言や虐待に繋がってしまうケースです。
そんなつもりは無くても、日々の不満や辛さをどこに向けて良いのかわからず、自分の親に対してぶつけてしまうという事も決して少なくはありません。

昔と違って老人ホームも多様化し、悪いイーメジばかりではない

老人ホームは姥捨山、人として扱ってもらえない、面倒が見られないからと施設に預けるのは親不孝!など、よく聞かれるイメージとしてこんな言葉をよく目にします。

介護の専門スタッフとはいえ、知らない他人に自分の親を預ける事に不安を抱えるのは決しておかしいことではありません。

 

「大事な親をちゃんと見てもらえないのでは・・・、虐待とか拘束とかは無いのだろうか・・」

 

老人ホームへの暗いマイナスのイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、昔との大きな違いとして、介護保険法や高齢者虐待防止法により身体拘束や虐待などもきちんと法律で定められています。

身体拘束も、たとえ要介護者の安全を確保するためとはいえご家族の許可なく拘束を行うことはできません。

 

アツシ
アツシ
しかし、現在は要介護者に合わせた多種多様な形態の老人ホームがたくさんあります!

 

症状の維持緩和、在宅への復帰を目的とするリハビリテーションをサービスとして提供している施設や、通常の賃貸に近い形態のサービス付き高齢者住宅など利用者の身体状況や意思に合わせたサービスを選択して受けることができます。

迷ったら今すぐコンサルタントに相談!

 

アツシ
アツシ
老人ホームに預けるべきなのかどうしようと悩んだらコンサルタントに相談してみましょう!

 

いくらあなたが老人ホームに入居させるか悩んでいても、実際に入居する親が納得できることが一番大事なので、老人ホームの資料を取り寄せて調べたり、実際に見学することが大切です。

しかし、老人ホームに入居するかもわからない上に、老人ホームの資料を一から取り寄せたり見学の段取りをするのはとても手間がかかることですよね。

そうした手間を省くためにもコンサルタントに相談するのが一番早いんです。

コンサルタントがあなたの希望の条件に近い老人ホームをピックアップしてくれるだけでなく、見学などの日程調整もしてもらえます。

 

アツシ
アツシ
老人ホームに詳しいコンサルタントに探してもらう方が、老人ホームのメリット・デメリットもわかるので入居してから「聞いていたのと全然違う」といったことがないのがいいですね。

 

せっかく気に入った老人ホームがあっても満室で入居できない場合もありますし、入居時期や空室状況なども考慮してピックアップしてくれるのでとても効率的です。

まずは希望する費用や条件にあてはまる老人ホームが近くにあるのか?どういったタイプの老人ホームが親に合っているのか?など老人ホームに関する疑問を聞いてみるだけでもOKです。

在宅介護か老人ホームに入居させるかというのは簡単に決められることではありません。
だからこそあなたが悩むのではなく、今後のことについて相談してみませんか?

きらケア老人ホームではコンサルタントが希望条件を考慮し、おすすめの老人ホームを探してくれるので効率的です。
ぜひ一度相談してみましょう!

 

\ きらケア老人ホームについてもっと知りたい方はこちら /

最短1週間で入居も可能!きらケア老人ホームの口コミ・評判は? きらケア老人ホームなら最短1週間で入居可能! 突然親の介護が必要になった、どういった老人ホームがあるのか知っておきたい...

今すぐ相談したい方はこちら

 

関連記事