転職・仕事

膀胱炎が原因で働けないと悩んでいる人におすすめの仕事!

アツシ
アツシ
アツシです!

今回は膀胱炎が原因で働けない方へのアドバイスをさせて頂きます!

 

現在、膀胱炎で働けないと悩んでいる方も、安心してください。膀胱炎であっても働ける仕事はあるんです。

膀胱炎は何度もトイレに行きたくなるので、会議中などすぐに行くことができない状況になるととても辛いです。

また何度もトイレに行くと周りからさぼっているように思われることもあります。

気にしすぎるとストレスになってしまい、余計にトイレに行きたくなってしまいます。

膀胱炎が原因で頻尿なり、痛みを伴うことも

膀胱炎は多くの女性が経験する病気と言われています。

女性の方がだ男性より尿道が短いため、膀胱へ細菌が侵入しやすいこともあり、膀胱炎になることが多いのです。

しかし、男性だからと全くないわけではありません。

男性の場合は尿道が長いのでまず尿道が感染します。そこから前立腺に広がり、その炎症が膀胱に達することで膀胱炎を起こします。

膀胱炎にはどういった症状があるの?

膀胱炎の症状について見てみましょう。

頻尿になる

何度もトイレに行きたくなってしまいます。これが原因でストレスを感じてしまったり、トイレに行けない状況になると余計に尿意を感じてしまったりします。

排尿をすると痛みが出る

排尿痛と言い、排尿しようとするとツーンとしと痛みが走ります。

排尿後、すっきりした感覚がない

残尿感と言って、排尿してもすっきりしません。膀胱の中は空っぽなのに尿意を感じてしまうことがあります。

尿に濁りや血尿が出る

尿が白く濁っていたり血が混じった尿が出ます。尿臭が強く出る場合もあります。

排尿の悩みはデリケートな部分なので人に言いにくいですよね。しかし、膀胱炎になるとこうした症状が出るため、日常生活にも支障をきたし、苦労されてきたのではないでしょうか。

膀胱炎だと仕事はできない?

先ほどもお伝えしたとおり、膀胱炎であっても仕事はできます。

しかし職種は選ぶ必要があるかもしれません。

車での移動が多い仕事だと途中でトイレを探さなければなりませんし、運転中ですぐに行けないことが多く大変かもしれません。

「急に尿意をもよおしたらどうしよう・・・」などと考えるとそれがストレスになってしまい、余計トイレに行きたくなってしまいます。

膀胱炎からの仕事復帰で気をつけておきたいこと

最初にお伝えした通り、膀胱炎であっても仕事に復帰することは可能です。しかし、仕事復帰をする時に気をつけておきたいことがあります。それが下記の3点になります。

①きっちりと治療を行う

膀胱炎は病気なのでまずは治療をすることが大切です。

抗生物質を服用し、膀胱の中の細菌を除去すると炎症は治まってきます。膀胱炎は治ったと思っても除去しきれなかった細菌がまた繁殖し、繰り返すことがあります。

男性の場合は前立腺炎などを起こしていることもあるので、医師と相談し途中で治療を止めたりしないようにしましょう。

②事前に予防しておくことも大切!

2つ目に膀胱炎からの仕事復帰で気をつけたいこととして、しっかりと予防することです。

膀胱炎は細菌が繁殖して起こるので、陰部を清潔に保ちましょう。

排尿を我慢しすぎると膀胱内に細菌が繁殖しやすくなるので我慢しすぎないようにしてください。

こまめに水分摂取するこも大切です!

水分を摂取すると余計にトイレに行きたくなるからと水分を制限してしまう人がいますが、むしろ菌を流すためには水分はこまめに摂取した方が良いです。

③いつでもトイレに行ける環境の職場で働く

3つ目に膀胱炎からの仕事復帰で気をつけたいこととして、いつでもトイレに行ける環境の職場で働くことです。

外勤の仕事であってもいつでもトイレに行ける環境であれば問題ありません。

しかし、外だとすぐトイレに行けるかわからないので、普通電車を利用するなど、いつでもトイレに行けるような環境が市場Nベストです。

膀胱炎で働けない方には在宅でできる仕事がおすすめ!

上記のように膀胱炎から仕事復帰をする時に気をつけておきたいことが3点ありますが、この3つを全て満たす職場を探そうと思うとなかなか難しいのが現実です。

アツシ
アツシ
しかし、そんな状況の中でも膀胱炎で働けないと悩んでいる人にオススメの仕事があります。

それが在宅でできる仕事です!

仕事=外に行かないとできないものと思っている人も多いのではないでしょうか?

確かに昔であれば、オフィス、工場、店舗など、職場に出勤しないと仕事ができないのが当たり前でした。

しかし、最近では在宅でできる仕事も増えてきているのです!

例えば、在宅でできる仕事の例としては、、

  • WEBライターの仕事
  • ラベル貼りの仕事
  • 荷物の梱包作業
  • アンケートモニターの仕事
  • 覆面調査・市場調査

などあげ出せばキリがないほど、在宅の仕事はたくさんあります。

膀胱炎から仕事復帰を考えている方には、在宅の仕事は非常に向いています。

  • 気にせずトイレに行くことができる
  • 自分のペースで仕事復帰ができる
  • ストレスが激減される

など、膀胱炎が気になって働けなくなったストレスを感じることがないのが、在宅の仕事の魅力です!

在宅の仕事で身についたスキルを元に、フリーランスとして仕事を始める人もいるので、まずは自分が興味のある仕事を探してみましょう。

 

関連記事