就労移行支援

知的障害で働けないと悩んでいる人にオススメの仕事

 

アツシ
アツシ
アツシです。

今回は知的障害で働けないと悩んでいる人へのアドバイスをさせて頂きます!

 

現在、知的障害で働けないと悩んでいる方も、安心してください。

知的障害でも働くことは可能です!

知的障害は18歳ぐらいまでに知的機能に障害が現れ、同年代と比べると認知能力などが遅れていることが特徴としてあげられます。

軽度の場合、子どもの頃には少し勉強の不得意な子というぐらいで気付かれないこともあります。

大人になっても計算が苦手であったり、上司から指示されたことが全く理解できないなど社会生活で弊害となることが多くあります。

最近では「発達障害」という言葉があるので、知的障害であっても珍しいことではありません。
しかし昔は家族に障害者がいる場合、その存在を周囲には隠していたということも多く、そのまま成長してしまい、大人になってから発覚してしまうケースもあります。

 

【知的障害で働けないと悩まなくて大丈夫!】

働きたい気持ちはあってもなかなか自分に合った仕事が見つからない、いざ仕事が決まっても続くか不安になると思います。
就労移行支援事業所で自分らしい働き方を見つけてみませんか?

【リンクビー】に相談する

リンクビーは発達障がい専門となっていますが、それ以外の症状でも問題ありません。まずは相談してみましょう。

知的障害で働けなくなる原因とは?

アツシ
アツシ
知的障害の人が働けなくなる原因とはどういったことがあるのでしょうか?

 

知的障害のある人が働けなくなる原因として、

  • 会社側に障害に対する理解がない
  • 複雑な計算や読み書きができない
  • 上司の指示が理解できない
  • 職場の人間関係がうまくいかない

など、日常生活を営むには大きな支障はなくても、働くとなると難しいことがあります。

本人にもその自覚があれば障害者枠での就労や、会社側に理解があり、配慮ができる環境であればうまく働けることもありますが、なかなか現実的にはうまくいかないこともあります。

知的障害の人が職場で配慮してほしいこと!

 

アツシ
アツシ
知的障害がある人は会社で自分の症状を理解してもらい、配慮してもらうことが大切ですが、実際にはどういったことを配慮してほしいのでしょうか。

 

知的障害の人が職場で配慮してほしいことを伺ったところ、

  • 会社が病気や障害について理解してくれる。
  • できるだけルーティンワークの方が望ましい。
  • 仕事の内容を一度に覚えられないので、わからないとこは何度も質問させてほしい。
  • できなかった部分はどこか悪かったのか教えてほしい。

といった意見が多くありました。

やはり、会社側が知的障害に対しての理解があることが一番望ましいのではないかと思います。

少しの配慮で皆と同じように働くことができますが、どう配慮してほしいかも伝えにくいこともあります。

知的障害の人が職場で言われた不快な発言

知的障害の場合、職場の理解がなければ継続して働くのは難しいです。
しかし、知的障害の人が職場で不甲斐ない言葉を浴びせられることは未だに多くあります。

実際にどういった不甲斐な言葉を浴びせられたかを伺ったところ、

 

仕事を教えてもらってもすぐに覚えられず、再度教えてほしいとお願いしたら、『説明したのになぜメモしていないのか』と親な顔をされました。
メモはしてたのですが、どうしてもすぐに全てを理解できなかっただけなのですが・・・。

 

とある仕事をしている最中に別の仕事を頼まれたが、どちらを優先したらいいのかわからず、そのまま途中の仕事を続けていたら、『(別の仕事は)急ぎでやってほしいから頼んだのに!』と怒られました。

できれば、この仕事を優先にやってほしいとはっきり伝えてもらいたかったです。

 

といったようにまだまだ障害への理解が少なく、こうしたことが起こると人間関係が嫌になって働けなくなることもあります。

就労移行支援事業所なら働くための準備ができる

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所というのは耳にしたことはありませんか?

 

アツシ
アツシ
就労移行支援事業所とは、知的障害などで働けない人が働くために必要なスキルや生活習慣を身に付ける訓練施設のようなものです。

 

学校や塾などとは違い、あなたのペースに合わせてゆっくりとプログラムを進めることができます。

「働きたい気持ちはあるけど今の状態では働けない、でも働かないと・・・」

矛盾した気持ちってありますよね?

就労移行支援事業所であれば、履歴書の書き方や仕事で必要なパソコンスキルなども学ぶことができるので、就労に一歩近づきます。

就労移行支援事業所は収入や障害によって多少異なりますが、基本的には無料で利用できます。

障害者の法定雇用率の引き上げによって、大手企業は知的障害など障害を抱えた人たちを積極的に採用する傾向にあり、就労移行支援事業所から大手企業へ応募できる機会もかなり増えています!

 

アツシ
アツシ
知的障害に対応している就労移行支援事業所ならにリンクビー相談するのがいいと思います。

親会社は他にも障害者の就労に関することを運営しているのでノウハウもあって安心です!

 

できるだけで早く働きたい気持ちもあるかもしれません。

しかし、慌てて働くより就労移行支援事業所に通う方が生活習慣もスキルも身に付けることができ、大手企業へ就職できるチャンスも増えるので、絶対に通った方がメリットはたくさんあります!

いきなり通うとなると抵抗があるかもしれないので、就労移行支援事業所が気になる方はまずは相談だけでもしてみましょう!

【リンクビー】に相談する
※リンクビーは発達障害専門となっていますが、それ以外の症状でも問題ありません。親会社のゼネラルパートナーズは他にも就労移行支援事業所を構えているので、まずは今の状況を相談し、あなたに合った方法を一緒に考えてくれます!