介護・福祉

夜勤が辛くて辞めたい!夜勤のない介護施設に転職してもできるだけ給料を下げない方法

 

アツシ
アツシ
アツシです。

今回は夜勤のない介護施設へうまく転職方する方法についてお伝えします!

 

介護の仕事は重労働で大変です。

不規則な勤務なので、土日どころかゴールデンウィークや年末年始も働かなければなりません。
さらに大変なのは夜勤ではないでしょうか。

夜勤が嫌で介護職を辞めたいという人も少なくはありません。
夜勤のない介護の仕事と言えばデイサービスが思い浮かびますが、デイサービスと入所施設は全く違います。

そこで今回、夜勤のない介護職への転職についてお伝えします!

 

【介護職の転職にオススメの転職エージェント】

スマイルSUPPORT介護なら夜勤のない介護の仕事も多数取り扱っています!
言いにくい給料など待遇に関することもコンサルタントがあなたと企業の間に入って交渉してくれるので安心です。

スマイル SUPPORT 介護の公式HPはこちら

 

介護の仕事は夜勤が当たり前?

介護の仕事と言えば、夜勤があるのが当たり前というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

 

アツシ
アツシ
介護職は給料が安いので、夜勤手当が付いてやっと中小企業と同等程度の給料を貰えます。

 

介護職の一ヶ月の夜勤回数は平均すると4〜6回ぐらいですが、夜勤手当が1回5000円程度だとして、夜勤をするのと全くしないのでは毎月の給料が2万円〜3万円も変わります。

給料が安くてもいいので夜勤をしたくないと思っていても、夜勤ができないと正社員での雇用は難しい業界です。

夜勤をしたくない理由

夜勤が辛くて辞めたい理由として、どういったことが挙げられるのでしょうか?

夜勤に関する辛い理由として、

  • 夕方から翌日の朝までの長時間労働が辛い
  • 夜勤手当が安すぎる
  • 夜勤のパートナーが嫌いな人だと最悪
  • 夜勤回数が多くて体力的に辛い

などが挙げられます。

 

アツシ
アツシ
夜勤は17時〜翌9時(間に仮眠2時間)といった時間帯が特に多いですが、仮眠時間があるとは言え、長時間労働となるので体力的にも厳しいですよね。

 

夜勤手当も5,000円程度なので、労働力に比べると高いとは言えません。

また、夜勤中に辛くなる理由としては、

  • 夜間になると徘徊する利用者が多くて対応が大変
  • 職員が2人(もしくは1人)なので常に業務に追われる
  • 緊急時の対応が大変
  • 疲れの溜まる明け方にも、起床介助や食事介助などの業務が多い

といったことが多く挙げられます。

昼間と夜間とでは全く様子が違う利用者や、夜間になると徘徊する利用者も多いです。
夜勤は職員が2名体制なことが多いので、通常業務以外にイレギュラーなことが起こると対応が大変です。

こうした疲労やストレスなどで夜勤をしたくない、でも夜勤をしなければ給料が安いので夜勤をするしかないと悩む人が多いのではないでしょうか。

夜勤のない介護の仕事とは?

夜勤のない介護の仕事はどういった仕事があるのでしょうか?

  • デイサービスやデイケアなどの通所介護施設
  • 訪問介護
  • 介護事務などの事務員

といったように、夜勤のない介護の仕事はあまり多いとは言えません。

しかしこれは種類の話であって、デイサービスやデイケアは需要が多いため、あなたが住んでいる地域にもたくさんあります。

そして夜勤のない介護の仕事を探したいときに悩むのが「給料の安さ」ではないでしょうか。

 

アツシ
アツシ
先ほどもお伝えしたとおり、介護職は夜勤手当だけで2万円〜3万円にもなるので、これがあるのとないのとでは大きな違いがあります・・・。

 

また基本給やボーナスなども、デイサービスより夜勤のある入所施設の方が高いことが多いです。

通所施設の給料ってどれぐらい?

通所施設の代表なのがデイサービスですが、デイサービスの給料はどれぐらいなのでしょうか?

 

引用:平成28年度介護従事者処遇状況等調査結果 第53表

 

厚生労働省が発表した、平成28年度介護従事者処遇状況等調査によると、通所介護事業所の平均給与額が253,880円であり、単純計算ですが12ヶ月分と考えると平均年収が3,046,560円です。
介護職員の平均年収が約310万円なので、平均より低いことになります。

地域差や勤続年数などによっても差があるので、実際はこれよりも低い人がほとんどではないでしょうか。

 

アツシ
アツシ
僕自身もデイサービスの就労経験はありますが、その時は無資格未経験からのスタートだったので月収は18万円程度しかなく、そこから社会保険など引かれるので、ほんと生活が苦しかったのを覚えています。

 

無理をすると体調を崩すこともあるので注意

介護職の給料だけで生活をしていくには夜勤手当がないと厳しいこともあり、仕方なく続けるしかありません。

しかし、夜勤は時間も長ければ職員も少ないので責任感やプレッシャーなども少なからず日勤よりもかかってしまいます。
給料のこともありますが、無理をし過ぎないことも必要です。

逆に夜間帯の方が入居者も寝ているので、業務的にはやりやすいと感じる人もいます。
夜勤は向き不向きもあるので、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

転職活動を成功させるにはプロに相談!

夜勤のない介護施設に転職したいとき、プロに相談するのが一番の方法です!

福祉業界の転職に強いのがスマイル SUPPORT 介護という転職エージェントですが、コンサルタントがあなたの希望条件やスキルに合った職場を紹介してもらえます。
首都圏に加え、大阪などの地方都市の求人も多く取り扱っています。

しかも非公開求人を多く取り扱っているので、登録しておくことでどういった求人が多いのかもわかります。

 

アツシ
アツシ
今すぐ転職するかわからなくても、どういった求人があるのか把握しておくこともできますし、非公開求人は好条件の求人が多いためすぐに募集が終了してしまいます。

できるだけ早く登録しておく方が絶対に有利です!

 

また、転職エージェントに登録しておけば転職しやすくなるので心に余裕が生まれます。

心に余裕がないときに転職しようとすると慌てて決めてしまい、せっかく転職できても結局は聞いていた条件と違うかったなどトラブルも多く、仕事が続かないケースが多いです。

それだけではなく、コンサルタントが面接では伝えきれないあなたの魅力を相手先の担当者に伝えてもらえるので面接で失敗してしまったと嘆くこともありません。

 

夜勤のない介護施設に転職し、できるだけ給料を下げないためにはプロに相談するのは必須です!
ポジションや勤務形態によっては以前よりも給料が上がったというケースもあるので、まずは転職のプロに相談してみましょう!

スマイル SUPPORT 介護に今すぐ相談

 

介護職の転職ならスマイルSUPPORT介護!気になる評判・口コミは!? 実際にスマイルSUPOORT介護のオススメポイントや、口コミ・評判、利用方法を見ていきましょう! 今すぐ登録する場合は...