転職・仕事

妊娠中で働けないと悩んでいる人におすすめの仕事!

 

アツシ
アツシ
妊娠中だと体調の変化もあってなかなか働きに出るが難しいですよね。

しかも妊娠中だと雇ってくれる会社も少ないと思います。

妊娠中だと働くのは難しいのでしょうか?

 

現在、妊娠中で働けないと悩んでいる方も、安心してください。

妊娠中でも働ける仕事はあるんです。

妊娠は赤ちゃんがママのお腹の中で成長していく大切な過程です。

妊娠は自然の摂理であって病気ではないというけれど、ママの身体には様々な変化が起こるし、それによって日常生活や仕事にまで支障が出ることもあります

出産するとお金がかかることも予測できるため、出来るだけ妊娠中も働きたいという人も少なくありません。

そんな妊娠中で働けないと悩んでいる人におすすめの働き方をご紹介します。

今すぐ知りたい方はコチラ

 

妊娠中で働けない原因とは?

妊娠が発覚して、比較的早い段階で訪れる症状がつわり

これは早い人で妊娠2ヶ月くらいから見られる症状です。

安定期になるとつわりは落ち着いてくると言われますが、中には出産をするまでつわりが続くこともあるのです。

つわりの程度というのは個人差もありますし、吐きつわり、食べつわり、においつわりなどの種類もあるのです。

 

アツシ
アツシ
つわりがあっても体調に合わせて仕事をすることもできるのですが、予測できず急に吐き気に襲われることもあります。

そうしたことが続くと、外に出るのが怖くなる、仕事をしていて吐き気が出たらどうしようと不安を持ち、身体的、精神的理由から仕事に支障をきたすこともあります。

 

体調不良が一時的なものであっても、職場でも周りの同僚に気を遣わせてしまいます。

また気を使わせることがわかるので、自分はこのまま仕事を続けてもいいのだろうか?体調を早く回復させなければとプレッシャーを感じることもあるのです。

そのような仕事中の精神的な不安も、妊娠中の体調に影響することがあるのです。

そこでこの妊娠を機に、仕事から少し離れた方がいいのではないか、迷惑をかけながら働くことに罪悪感を感じ、働けないと思う人も少なくないのです。

妊娠中で困ってしまうこととは?

 

アツシ
アツシ
妊娠中働くことができないと、様々な問題が生じることがあります。例えば、経済的な問題です。

 

赤ちゃんが産まれると子育てはありますし、仕事と両立をすることが難しいので思うように働くことはできません。

そのため、貯蓄をしておく最後のチャンスが、赤ちゃんが産まれる前の妊娠期であるといえるのです。

また実際に赤ちゃんを迎えるにあたり、分娩費用の準備やそろえるべきベビーグッズなどの購入もあるので、出費が多くなることが予測できます。

妊娠中で働けないと、このような経済的な不安が大きくなります。

働いているときはいろいろな人と情報交換をしたり、交流したりして刺激を受けることができましたし、精神的なリフレッシュも出来ていたかもしれません。

しかしながら、妊娠中に働けなくなると、自宅にこもりがちになってしまいます。

更に体調不良で横になって過ごすことが多くなると、社会から切り離された孤独感が強くなり、妊娠うつに陥ってしまう人もいます。

働くことができなくなると、精神的な影響も出てくることが問題となることもあるのです。

妊娠中の人が仕事をするときに気をつけておきたいこと

 

アツシ
アツシ
最初にお伝えした通り、妊娠中であっても仕事をすることは可能です。

しかし、仕事をする時に気をつけておきたいことがあります!それは下記の3点です。

 

①通勤や労働時間など負担のないものを選ぶ

妊娠中、通勤に時間がかかったり、残業があって労働時間が長い仕事は体への負担にもなります。

それはママの身体だけではなく、赤ちゃんにも負担になってしまいます。

体への負担は切迫早産などのリスクを招くことから、出来る限り通勤や労働時間に負担がない仕事を選ぶようにしましょう。

②体調に合わせて仕事を調節できるものを選ぶ

妊娠中の体調の変化は誰にも予測できません。

仕事を請け負っていても体調が悪くなり、途中で中断するということになるということも十分予測できます。

体調不良というやむをえない事情ですが、仕事を途中でやめてしまうと、迷惑も掛かりますし、自分の信用にもかかわってきます。

そのため出来るだけ引き受けた仕事は最後までやり通すことができるように、体調に合わせて仕事を調節できるものを選ぶようにしましょう。

③ストレスのある仕事ではなく、楽しいと思える仕事を選ぶ

仕事をしていると、なかなか思うようにできず時には辛いこともあります。

しかし妊娠中はそんなストレスのある仕事は避けましょう。

妊娠による不安に、仕事のストレスが加わると精神衛生上あまり良いとはいえません。

妊娠中だからこそ、妊娠の不安を吹き飛ばすような楽しいと思えるような仕事を選ぶことが大切です。

妊娠中の方には在宅でできる仕事がおすすめ!

上記のように妊娠中の方が仕事をする時に気をつけておきたいことが3点ありますが、この3つを全て満たす職場を探そうと思うとなかなか難しいのが現実です。

 

アツシ
アツシ
しかし、そんな状況の中でも妊娠中で働けないと悩んでいる人にオススメの仕事があります。

それが在宅でできる仕事です!

 

仕事=外に行かないとできないものと思っている人も多いのではないでしょうか?

確かに昔であれば、オフィス、工場、店舗など、職場に出勤しないと仕事ができないのが当たり前でした。

しかし、最近では在宅でできる仕事も増えてきているのです!

例えば、在宅でできる仕事の例としては、、

  • WEBライターの仕事
  • ラベル貼りの仕事
  • 荷物の梱包作業
  • アンケートモニターの仕事
  • 覆面調査・市場調査

などあげ出せばキリがないほど、在宅の仕事はたくさんあります。

妊娠中で仕事をすることを考えている方には、在宅の仕事は非常に向いています。

  • 勤務時間を自分で決めることができる
  • 体調を見ながら仕事ができる
  • 周囲への気遣いや通勤などのストレスがない

など、妊娠中であっても、ストレスを感じることなくできるのが在宅の仕事の魅力です!

在宅の仕事で身についたスキルを元に、フリーランスとして仕事を始める人もいるので、まずは自分が興味のある仕事を探してみましょう。

 

関連記事