退職代行業者

退職代行SARABAは退職後にトラブルになったことはある?

アツシ
アツシ
アツシです!

最近主流になっている退職代行サービスですが、退職後にトラブルにならないか不安ですよね?

すんなり退職できればいいのですが、後々脅迫してきたり、訴えてきたりされたらどうしようと不安に感じるのは当たり前です。

続きを読む前に


今すぐ辞めたい!退職代行を利用したい!という方は下記のリンクからすぐに相談できます。
日本と時差のある海外にも拠点があるため、土日でもすぐに対応してもらえます。
ブラック企業で辞めたいとなかなか言い出せないという方は利用すべきサービスです。

退職代行SARABAの詳細はこちら

この記事を読むべき人
  • 退職代行SARABAを利用してトラブルにならないか気になる
  • 退職代行SARABAの評判が気になる
  • 退職代行SARABAの利用の流れが知りたい

退職代行サービスでよくあるトラブル

退職代行サービスもたくさん増えたことで、まともに対応できない悪質な退職代行業者も増えています。
また退職代行サービスに対抗してくる企業も増えてきているので、どういったトラブルがあるのか見てみましょう。

代行を頼んだのに退職できなかった

これはもうなんのための退職代行サービスなのかわかりませんが、とにかく上司が電話に出てくれなかったり、話を全く聞かないというケースもあるのでなかなか難しいでしょう。

労働者にはもちろん退職する権利もあるのですが、弁護士に対応してもらうなどと言われて退職できなかったケースも稀にあるようです。

しかし退職代行SARABAでは成功率ほぼ100%なのでそのあたりは心配しなくてよさそうです。

損害賠償を請求された

これはごく稀なケースです。
とはいえ、全くゼロというわけでもありません。

損害賠償を請求したところで会社には何のメリットもありません。
ひとりの一職員に対してわざわざ費用や時間をかけて損害賠償請求を起こす理由がありません。
それよりも次の人を探した方が会社にとってもいいからです。

給与が支払われなかった

労働した時間に対して給与が支払われないのは違法なのですが、給与を渡す代わりに出社して話しがしたいなどと言って給与を支払わないケースがあります。

会社としては急に退職されたら困りますから、なんとかしてでも出社してほしい気持ちもわかります。
そこまでして辞めたい人を引き止める理由なんてないと思うのですが、退職代行サービスを使って退職されるのが腹ただしいと感じる上司もいるようです。

こうした場合、一般的な退職代行サービスではもうどうしようもありません。
給与の支払いや有休消化など”交渉”は非弁行為にあたるんでできません。

あなたの勤務先がこうした事態が予想できる会社であれば、弁護士がやってる退職代行サービスや労働組合がやっている退職代行サービスに頼んでおく方がよういでしょう。

退職代行SARABAでのトラブルは多いの?

退職代行SARABAでのトラブルはほぼありません。
きちんと依頼者の話を聞いたうえで、対処できる案件かどうかを見極めているそうです。

退職代行SARABAは労働組合が運営しているので、会社側も下手に手を出しにくいのではないでしょうか。
脅してくる企業や高圧的な態度で脅してくるブラック企業もあるそうですが、最終的には大きなトラブルもなく退職するケースがほとんどだそうです。

会社も辞めたい人に構ってるほど暇じゃないですからね。

よくわからない格安業者はやめた方がいい

20代・男性
20代・男性
退職代行SARABAより格安のところはないのかな?

と、できれば退職にお金はかけたくないですよね。
どうせ退職するならどこの退職代行業者に頼んでも同じと思うかもしれませんが、極端に安い退職代行業者は絶対にやめましょう。

【1万円ポッキリ!】とまるでキャンペーンのような格安業者もありますが、

  • 依頼したら連絡が取れなくなった
  • 『退職に失敗した』と連絡があり返金もなかった
  • 退職後に会社とトラブルになった

など実際まともに仕事もせずとんずらする悪質な退職代行業者もあります。
少しお金を出してでも成功率が高く、アフターケアまできちんとしてくれる退職代行サービスを選びましょう。

退職代行SARABAでスパッとさらば

ブラック企業を辞めたいと思った時、退職代行サービスは使えます。
退職代行SARABAなら業種や雇用形態に関係なく利用することができます。

アツシ
アツシ
このどこか憎めない猫のキャラクターが印象的ですが、
退職代行SARABAは業種や雇用形態など関係なく、低価格で代行してくれます。

SARABAの特徴として、

  • 24時間受付でLINEの返信も早い!(海外にも拠点があるため)
  • 行政書士が監修
  • 退職成功率はほぼ100%!(相談者が退職ではなく休職を選んだケースがあったため、ほぼ100%としています)
  • 毎月300件もの実積
  • 業界内でも低価格を実現!
  • 即日退職も可能なので精神的苦痛から解放される

と、サービスも充実ながら実積も十分にあります。

利用の流れ

LINEで相談

実際の利用の流れですが、まずはLINEやメール、電話で相談します。

LINEの方がやり取りがスムーズですし、これまでのやり取りもすぐに確認できるのでおすすめです。

電話でもいいですが、電話だと聞き間違いなどの認識の違いが出てきても困るので推奨しません。

LINEで相談しても実際に依頼するまでは無料なので安心してください。
もちろん思ってたのと違うと感じたら依頼しなくても大丈夫です。

相談後、入金確認

相談してみて、退職代行を利用して退職したいと決意ができたら入金します。

クレジットカードや銀行振り込みで入金可能ですが、銀行振り込みの場合は時間帯によっては翌日になってしまいます。
そのときは振り込みをした証明として明細書の写真を送って証明すればOKです。

打ち合わせをし、あとは家で待つだけ

電話をする時間帯や伝えておきたいことなど打ち合わせをしたあとは家で待つだけです。

退職代行SARABAの担当者があなたの会社に連絡し、退職の意向を伝えます。
あとは結果報告を聞き、退職届などの書類や返却物などがあれば郵送でやりとりするだけです。

退職代行SARABAの詳細はこちら

これだけはできないので注意!

即日退職は可能ですが、その場合有給などが残っていたり、未払いの残業代も支払ってほしいと思いますよね。

しかし、残業代を支払ってほしいと望んでいることや有給を使いたい旨を伝えることはできても交渉することはできません。
非弁行為といって、交渉は弁護士しかやってはいけないと法律で決まっています。

費用は高くなりますが、有給消化や残業代未払いについての交渉をしてほしい場合は弁護士がやる退職代行サービスに頼んだ方がいいです。

退職代行サービスは自分を守るためのサービス

退職代行サービスと聞くと、退職することさえ自分で言えないなんてという言葉をよく耳にします。

しかし、実際はブラック企業で苦しんでいたり、職場でのいじめやハラスメントに悩んでいた人たちを救う目的もあります。

ブラック企業で追い詰められて自殺する人や過労死する人、いじめやハラスメントで心の病になり働けなくなった人がどれだけいるでしょうか。

日本では退職することに罪悪感を感じる人が多いですが、退職することは犯罪でもなんでもありません。
それよりも無理して働いて、あなた自身ん体調が悪くなっても誰も助けてはくれません。
言い方は悪いですが、あなたひとりが職場からいなくなっても急に倒産したりすることもありません。
会社というのはなんとかまわります。

あなたが責任を感じる必要は何もなく、むしろそこまで追い詰めた会社が悪いのでもう十分です。
それよりも退職してからの方が失業保険の手続きや国民健康保険や年金の切り替えなどやるべきことがたくさんあります。
この記事をここまで読んでくださったということはもう答えは出てるんじゃないでしょうか。

もう十分頑張ったので自分に『おつかれさま』と言ってあげましょう。
相談は無料なのでまずは相談してみましょう!

退職代行SARABAに無料相談をする

ムダなく転職するならリクルートエージェント

転職エージェントで自分に合った仕事が見つかる

社会福祉協議会で働こうとする前に転職エージェントに相談してみるのもひとつの方法です。

というか相談したほうがいいです。
基本的に無料で相談できますし、今の自分の立ち位置を知ることができます。

ここまで読んで、それでも社会福祉協議会で働きたいのであれば止めはしませんが、少しでも悩んだ場合は一度転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントでは介護業界だけでなく、一般企業の求人も取り扱っているのでよりあなたに合った仕事が見つかる可能性が高くなります。

これから転職市場が盛んになってくるので、他の人に求人を取られないためにも今すぐ登録しておいた方がいいです。

良い求人が見つかってから登録してもいいですが、もしあなたがコンサルタントの立場として、いきなり登録してきた人と以前から登録してすでにヒアリングが済んでいる人だったらどちらに求人を紹介したいですか?

答えがわかった方はすぐにでも登録しておきましょう。
もちろん登録したからと言ってすぐに転職する必要はなく、将来的にいい求人が見つかれば転職したいと伝えておけば大丈夫なので安心してくださいね。

リクルートエージェントの登録はこちら