転職・仕事

SEの客先常駐はうつ病になる前に辞めるすべき!?今すぐ退職できる方法!

 

アツシ
アツシ
アツシです!

今回、SEの客先常駐を今すぐ退職する方法をお伝えします!

 

SEの客先常駐で楽しく働いているという人は少ないと思います。

客先常駐はその名の通り、客先(クライアントのオフィスや、客先から提供されている場所で勤務する必要があるからです。

これの何がツライのかというと、すべての行動を監視されているため、少しでも気のそぐわない行動をとった瞬間に、一気に評価がガタ落ちしてしまうことです。

もちろん評価が落ちれば、自社への信頼ダウンにつながり、自分自身の査定に大きく影響します。

【退職代行サービスなら今すぐ退職可能!】

退職代行SARABAなら今すぐ退職可能です。
退職代行サービスとは退職したい旨をあなたの代わりに伝えてくれるサービスで、もう出社する必要はありません。
もちろんSEの客先常駐であっても対象です。
退職代行サービスの詳しいことは下記のリンクから確認することができます。
無料で相談できるのでまずは気軽に相談してくださいね!

SARABAの公式HPはこちら

客先常駐はうつ病になりやすい?

客先常駐するとうつ病になる傾向が非常に高いです。

それはなぜかというと、客先常駐ということはいろいろな権利が制限されています。つまり、プロパーには与えられているが、客先常駐者には与えられていない権限が大変多くあります。

多くはシステムのアクセス権であったり、承認権限であったり、チームの方向性を決める会議や今後の動向の情報であったり、様々な権利や情報へのアクセスを制限されている状態です。

そのため、客先常駐はお客さん(プロパー)の言うことにただ従うだけという、まるで奴隷のような精神状態になります。

そういった状態が長く続くと自分の存在価値がとても低いものとなってしまいます。

その結果、自己評価が低くなり、うつ状態になってしまいます。

うつ病になる前に客先常駐を辞めるべき3つの理由!

 

アツシ
アツシ
客先常駐は大変な仕事であり、うつ病になってしまう人も多いです。うつ病になる前に客先常駐を辞めるべき理由とはどういったことがあるのでしょうか?

 

①反論したくてもできない

人間関係なので、誰でも好き嫌いがあります。

相手の言うことが例え正論で間違いがなかったとしても、客先の社員がとても失礼な言い方そするのでムッと来ることがあります。

そのような時、同じ会社の人間であれば言い返すことも可能ですが、相手はお客さんなので感情的な意見はご法度とです。

このため、議論が割れた時は毎回とてもストレスが溜まります。

②PCなど必要なツールが用意されていない

客先常駐の場合、常駐を開始したその日にPCが用意されていないことも多く、仕事ができないケースは多々あります。

客先常駐勤務の場合は、前任者が急に辞めたとか、実に様々な理由で突然いなくなることも大いにあります。

そのため、お客さんはいつ辞めるかもわからない客先常駐者に対して、期限通りにツールを準備しても無意味という認識をしているケースもあります。

そのため出勤初日は仕事がなく、社内サーバに必要なアクセス権が付与されていなかったり、まともに仕事ができないことがよくあります。

③不要ならすぐに切られる

客先常駐をする前に面談などを実施し、どのようなスキルや人物か判断しますが、客先常駐の場合は事前の面談をあまりしっかり行いません。

面談を通過して勤務開始をしたとしても、予想に見合ったスキルが足りなかったり、人間的にこんな人と思っていなかったり、お客さん側が勝手に勘違いしていたりして、予想とかけ離れた結果であった場合、すぐに契約終了します。

また派遣としての客先常駐の場合は3か月ごとの更新が基本なので、正社員と違って3か月ごとに不安を抱えながら勤務することになります。

うつ病になる前に退職すべき

客先常駐で一番ツライのは、長いこと自分を押し殺した状態で勤務することで思考停止になり、お客さん(客先企業)の言うことだけ聞いていればいいという精神状態になることです。

 

アツシ
アツシ
こうした状況からうつ病になってしまう人が多いのですが、その解決方法は客先常駐を辞めて転職することです!

 

IT業界においてSIerなどはほとんど客先常駐です。

プログラマーやネットワークエンジニア、サーバエンジニアなどで中小のSIerであれば、95パーセントくらいの確率で客先常駐です。

客先常駐がツライのであれば、IT業界ではない業界へ転職するか、客先常駐がほとんどない業種へ転職するべきです。

客先常駐が少ない業種って?

客先常駐がほとんどない業種は、例えばWeb業界です。

Webサイト関連の仕事は個人のセンスやデザイン性が重要視されるため、比較的受託が受けやすいです。

受託率が高い会社を探すことが重要であり、また社内SEなども狙っていくべきでしょう。

退職代行サービスで辞めるのも一つの方法

なかなかズバッと言いたいことを言って辞めるのは難しいですよね。
またネチネチ言われたら余計に心に傷を負うかもしれません。

そこで退職代行サービスを使って辞めるのも一つの方法です。

退職代行サービスを簡単に説明すると、

  1. 担当者にLINEやメールで相談
  2. 担当者があなたに代わって上司に退職したい旨を伝えてくれる
  3. 出勤することなく即日退職可能!

と、退職代行サービスと聞くとまず事務所を訪問して、打ち合わせをし、退職日を決めて実行たりと面倒臭いしなんだか怪しいと疑問に思うかもしれません。
しかしLINEで相談できるので、夜中に相談して翌日には退職ということも可能です。

退職届や保険証返却などは郵送でやり取りするように伝えてくれるので心配無用です。

また、退職代行サービスを利用すると

  • 引き止められて決心が揺らぐ心配がない
  • 上司や同僚に直接会うことなく退職届が提出できる
  • 退職のタイミングを考えなくてもよい
  • 保険会社での営業経験を活かして転職できる
  • 精神的苦痛から解放される

とメリットがたくさんあります!

退職願を出すタイミングわからない、辞めたいと言う勇気がない、退職願の手続きなどが面倒臭い、ブラック企業で辞めたいだなんて口にも出せない!という方にはとっておきのサービスだと思います。

特に客先常駐だとなかなか上司に話すタイミングも難しいですよね。
もちろん客先常駐であろうと退職代行サービスは利用できます。

退職代行SARABAで今すぐ退職

 

アツシ
アツシ
とはいえ、退職代行サービスといってもどこの退職代行サービスを利用すればいいの?と思いますよね。

 

そこでオススメしたいのは退職代行SARABAです!退職代行SARABAでは、

  • 24時間受付で、LINEの返信率も早い!(最短5分で返信が来ることも)
  • 行政書士が監修
  • 退職成功率はほぼ100%!万が一退職できなかった場合は全額返金保証!(相談者が退職ではなく休職を選んだケースがあったため、ほぼ100%としています)
  • 即日退職も可能なので精神的苦痛から解放される
  • 毎月300件もの実積
  • 28,000円と業界内でも低価格!

と、退職代安価なだけでなく、LINEの返信の早さや行政書士が対応してたりと安心できるポイントが多いです。

転職先が決まってなければ転職サポートも受けることができます。

退職後は失業保険の申請や役所への健康保険や年金の手続きなどやることがたくさんありますが、退職にかかる手間を退職SARABAに依頼するのは今後のためにも良い方法です。

利用の流れ

LINEで相談

まずはLINEやメール、電話で相談します。

LINEの方がやり取りがスムーズですし、これまでのやり取りもすぐに確認できるのでおすすめです。

電話でもいいですが、電話だと聞き間違いなどの認識の違いが出てきても困るので推奨しません。

LINEで相談しても実際に依頼するまでは無料なので安心してください。
もちろん思ってたのと違うと感じたら依頼しなくても大丈夫です。

相談後、入金確認

相談してみて、退職代行を利用して退職したいと決意ができたら入金します。

クレジットカードや銀行振り込みで入金可能ですが、銀行振り込みの場合は時間帯によっては翌日になってしまいます。
そのときは振り込みをした証明として明細書の写真を送って証明すればOKです。

打ち合わせをし、あとは家で待つだけ

電話をする時間帯や伝えておきたいことなど打ち合わせをしたあとは家で待つだけです。

退職代行SARABAの担当者があなたの会社に連絡し、退職の意向を伝えます。

あとは結果報告を聞き、退職届などの書類や返却物などがあれば郵送でやりとりするだけです。

これだけはできないので注意!

即日退職は可能ですが、その場合有給などが残っていたり、未払いの残業代も支払ってほしいと思いますよね。

しかし、残業代を支払ってほしいと望んでいることや有給を使いたい旨を伝えることはできても交渉することはできません。
非弁行為といって、交渉は弁護士しかやってはいけないと法律で決まっています。

費用は高くなりますが、有給消化や残業代未払いについての交渉をしてほしい場合は弁護士がやる退職代行サービスに頼んだ方がいいです。

まとめ

このまま苦しみながら続けていけばうつ病など精神疾患にもなりかねません。
そうなるとますます働けなくなってしまいます。

退職代行サービスで一度リセットし、新たなスタートを切り開きましょう!

退職代行SARABAの詳細は下記のリンクから確認することができます。
まずは気軽に相談してみてください。

SARABAの公式HPはこちら