転職・仕事

セクハラを受けて辞めたい!最低なセクハラ上司を痛い目に合わせる方法!

アツシ
アツシ
アツシです!

今回はセクハラを受けて辞めたいと悩んでいる人へのアドバイスをさせて頂きます!

 

これだけコンプライアンスが叫ばれていても未だにセクハラはなくなりません。

職場という狭いスペースでセクハラを受けたことのある人は、受けたことがない人の想像よりも大きなダメージを受けているものです。

セクハラ行為を職場の上司、先輩や同僚に相談をするには色々なしがらみを考慮する必要がありますし、 実のところなかなか人に打ち明ける勇気を出すこと自体が困難なのが実情です。

時間が経てば経つほど悩みは心の中で大きくなり、職場にいること自体が苦痛になります。

また、たった一度の経験から「また同じことが起きるのでは」という不安が発生するため、再就職に奮い立つことが難しい人も少なくはありません。

しかしセクハラ被害が長引けば長引くほど心に負う傷も深くなるため、できるだけ早く退職することをオススメします。

でもセクハラを受けているのは自分なのに、ただ辞めてしまうのはとても悔しいですよね。

そこで最後に上司を痛い目に合わせてやりましょう!

退職代行SARABAの特徴や口コミは?有休消化や残業代未払いの交渉も可能!! そこで数ある退職代行サービスで有名なのが退職代行SARABAです。 退職代行SARABAは、安価ながらサービスも充実していて、...

STOP!セクハラ行為!

セクハラ上司は”上司”という立場を利用してセクハラ行為をしています。

今はコンプライアンス問題がうるさいので、女性に対して

  • 『彼氏いるの??』と質問してくる
  • 『旦那さんと夜の方はうまくいってるの?』といやらしい質問をしてくる
  • 『○○君』と呼ぶ
  • 執拗以上に肩に手を置いてきたり、肘が胸に当たることが多い

など、女性が傷つくことや答えにくいことを質問していはいけません。

ただ、上司はセクハラをしているつもりじゃないケースもあります。
そうした場合、会社の相談窓口やセクハラ上司の上司に相談することで解決することもあります。

西島秀俊に『○○君』て呼ばれたら喜ぶ女性はたくさんいますが、脂ギッシュでちょっとハゲた上司が言うことで女性が不快に感じてしまうとこれはセクハラになります。

男性陣からは不公平じゃないか!と抗議が起こりそうですが、セクハラは心理的な要素もあるため仕方ありません。

あなたもその上司だからセクハラと感じたかもしれませんが、あなた自身がセクハラだと不快に感じたのであればセクハラです。

辞める前にセクハラと訴える

辞める前にセクハラ上司の化けの皮を剥がしてやりましょう。

まずは別の上司やコンプライアンス窓口に通報するのがいいでしょう。
いきなり弁護士を通して訴えてもいいですが、いずれ辞めるのに弁護士費用がもったいないとは思います。

ただ、気をつけなければセクハラと訴えると今度は嫌がらせをしてくる上司もいます。
さらに同僚たちも被害者意識が強いと心ないことを言ってくることもあります。

某新潟のアイドルグループではないですが、セクハラが横行している職場では被害者が加害者呼ばわりされることもよくある話です。

上司を痛い目に合わせる方法!

上司を痛い目に合わせることですが、それは今すぐ退職することです。

『???』

と思うかもしれませんが、上司の評価は部下がどれぐらい頑張っているかということも評価基準に含まれています。

部下がセクハラ被害を告発しただけでなく、さらに突然退職したとなれば上司の評価はだだ下がりです。

会社側も突然辞められてしまっては困りますが、セクハラ被害で訴えられることを考えれば了承するしかありません。
むしろ部下にセクハラをし、さらにはそれが原因で突然退職されてしまった上司が責められるでしょう。

退職代行サービスを使えば今すぐ退職できる

今すぐ退職するにしても、無断欠勤をしてしまっては意味がありません。

無断欠勤をしてしまっては有給消化ができなかったり、懲戒解雇扱いとなり、転職活動にも影響があるかもしれません。
中には給料を渡さないといった悪質な場合もあります。

きちんと使える制度は利用し、もらえる物はもらってから辞める方がいいですよね。

ただ退職代行サービスは無料ではありません。
だいたいの相場の3万円〜5万円であることが多いです。

セクハラ被害を受けて辞めるのに、お金を支払うのってちょっともったいないですよね。
でも有休消化ができれば3万円程度はすぐに回収できると思います。

しかし有休消化の交渉は非弁行為といって、よくある退職代行サービスでは有休消化の交渉はできません。

そこで退職代行サービスを利用するなら有休消化の交渉ができる代行業者を選ぶのがポイントです。

退職代行サービスなら退職代行SARABAがオススメ!

アツシ
アツシ
とはいえ、退職代行サービスといってもどこの退職代行サービスを利用すればいいの?と思いますよね。

そこでオススメしたいのは退職代行SARABAです!

退職代行SARABAは労働組合が運営することになるため、これまでの退職代行サービスではできなかった有休消化の”交渉”も可能となりました。

退職代行サービスはたくさん増えてきていますが、基本的には”退職したいことを伝える”のがメインであり、それ以上の交渉はできません。

しかし、退職代行SARABAは労働組合が運営することになるため、有休消化や残業代未払いなどの交渉も可能になるということです。

裁判沙汰になった場合は弁護士でないと対応できませんが、有給休暇を使わせない・残業代を支払わないというのは違法になり、裁判沙汰になれば会社側が100%負けるので裁判をしようという会社はないそうです。

また、退職代行SARABAの特徴として、

  • 24時間受付で、LINEの返信率も早い!(最短5分で返信が来ることも)
  • 行政書士が監修
  • 退職成功率はほぼ100%!(相談者が退職ではなく休職を選んだケースがあったため、ほぼ100%としています)
  • 業界内でも低価格を実現!

と、安価なだけでなく、LINEの返信の早さや行政書士が対応してたりと安心できるポイントが多いです。

退職代行SARABAを利用することによって、精神的苦痛からも解放されます。

退職代行SARABAに今すぐ相談

退職代行SARABAの利用の流れ

アツシ
アツシ
退職代行SARABAの利用の流れを見ていきましょう!

LINEで相談

まずはLINEやメール、電話で相談します。

LINEの方がやり取りがスムーズですし、これまでのやり取りもすぐに確認できるのでおすすめです。

電話でもいいですが、電話だと聞き間違いなどの認識の違いが出てきても困るので推奨しません。

LINEで相談しても実際に依頼するまでは無料なので安心してください。
もちろん思ってたのと違うと感じたら依頼しなくても大丈夫です。

LINEで相談する場合

LINEで相談する場合、LINE登録の前に以下の画面が出てきます。

フルネーム(本名)とLINE名を入力し『送信』をクリックします。

 

次にこういった画面が出てくるので、記載しているLINEのURLをクリックすると自分のLINEのアカウントが出てきます。

あとは【追加】から友達追加をすれば完了です。

トークから退職したい旨を伝えればOKです。

相談後、入金確認

相談してみて、退職代行を利用して退職したいと決意ができたら入金します。

クレジットカードや銀行振り込みで入金可能ですが、銀行振り込みの場合は時間帯によっては翌日になってしまいます。
そのときは振り込みをした証明として明細書の写真を送って証明すればOKです。

打ち合わせをし、あとは家で待つだけ

電話をする時間帯や伝えておきたいことなど打ち合わせをしたあとは家で待つだけです。

退職代行SARABAの担当者があなたの会社に連絡し、退職の意向を伝えます。
あとは結果報告を聞き、退職届などの書類や返却物などがあれば郵送でやりとりするだけです。

退職代行というとちょっとハードルが高い気がしますが、これだけでいいの!?ってぐらい案外カンタンですね。

まとめ|セクハラ上司へ最高の仕返し

突然部下がいなくなってしまうのはセクハラ上司への最高の仕返しだと思います。

性格悪いと思われそうですが、セクハラをした上司が悪いので気にする必要もありません。

ただ普通に辞めただけでは、きっとその上司はまた別の女性社員にセクハラをするでしょう。
かといって無断欠勤をして音信不通になるのは社会人としてはあまりいい行為とは言えないので、退職代行サービスを使って今すぐ退職しましょう。

退職代行SARABAは下記のリンクからいつでも相談できます。
セクハラ上司を打ち負かし、新たな職場でぜひ活躍してくださいね。

退職代行SARABAに今すぐ相談