YouTube

目指せYoutuber!Youtuberになるにはどういったジャンルがオススメ?

アツシ
アツシ
アツシです!

最近はYoutubeもやるようになったのですが、Youtuberをやるためにもただ適当に動画を撮ればいいというわけではありません。

Youtuberは数え切れないほどの人数で飽和状態でもあります。
その中で生き残っていくためには相当な努力が必要となります。

ただ、すぐに結果に結びつかないと継続していくのは難しいですよね。

ただある程度市場があり、特化したジャンルであればすぐに勢いに乗ることも可能です。

趣味や興味のあることを書き出してみる

ではまずどうすればいいのか?
Youtubeのいいところは趣味や興味のあることでも発信できるとこです。

まずは趣味や興味のあることを書き出してみましょう!

  • 旅行が好き
  • アウトドアが好き
  • アイドルが好き
  • Apple製品が好き

などなんでもいいです。

アフィリエイトであれば興味があってもその”広告”がなければ意味がありません。
Youtubeは広告があるかどうか気にしなくていいのがオススメしたいポイントです。

書き出したことを検索してみる

次にさきほど書き出したことをYoutubeで検索してみましょう。
Googleでは検索した場合、動画コンテンツも表示されるのでGoogleでも構いません。

その中で、ある程度Youtuberが多ければ需要があるとのことなので大丈夫です。
全くない場合は動画をアップしても検索すらなれない可能性もあるので、正直今やるのはオススメしません。

あなた自身の職歴や経歴(経験)と掛け合わせる

これが結構重要になってきます。

例えばあなたがピアノの弾き語り動画を見ようと検索するとします。

  1. ピアノが上手い女性の弾き語り動画
  2. マッチョなのにピアノが上手い弾き語り動画

どっちが見たいですか?
単純にピアノが上手い女性もいいですが、

マッチョなのにピアノめっちゃ上手いってどんな奴やねん!って気になりません?

というのもこれは実際にいるYoutuberさんのことなんですが、マッチョなのにピアノがめちゃくちゃ上手い。
マッチョかどうかは関係ないと思うかもしれませんが、イメージとしてはマッチョはピアノとか繊細な楽器は弾けないイメージの方が強いと思います。

このYoutuberさんはチャンネル登録者数10万人おり、100万回再生されている動画もあります。

このように、同じジャンルの動画でもあなたの職歴や経歴(経験)をかけわせるとそのチャンネルの注目度が高まります。

二番煎じでも大丈夫!

例えば”旅系”のYoutuberはかなり溢れていますが、二番煎じでも全然問題ありません。

有名なYoutuberが毎回旅行する度に高級ホテルの部屋の様子を撮影しているとします。
一方であなたは旅先で気軽に泊まれそうなビジネルホテルの様子を撮影しているとします。

同じ旅系のYoutuberでも着眼点は全く違います。
人それぞれの個性を出せるのもYoutubeの魅力なので、二番煎じは気にしなくて大丈夫です。

ただし危険なジャンルやふざけたジャンルはオススメできない

Youtubeを見ているといろんなジャンルの動画があります。

ほとんどが平和な内容ですが、ブラックはもちろんグレーなジャンルは今からやるのはオススメできません。

  • 静止画でテロップだけが流れている政治的な内容の動画
  • 宗教的な内容
  • ビルに素手で登るなど危険な行為にチャレンジする内容
  • 公共の場で迷惑となるふざけた内容

こういったジャンルの動画は飽和状態と言ってもいいほどたくさんあります。

詳しく言うと、静止画でテロップだけが流れている政治的な内容の動画は今でもたくさんあります。
メディアでは報じられないブラックな内容も多いので人の興味を惹きつけますが、健全とは言えません。

Googleが危険動画を規制する動きも

以前はビルに素手で登ったり、崖の先端に立って動画を撮ったりと、危険行為をする動画もたくさんありました。
しかし、再生回数を稼ごうとするYoutuberたちがどんどん過激な内容に挑戦するようになり、ビルに素手で登っていたYoutuberが生配信中に落下して死亡するという事故まで起きました。

また、某有名Youtuberはドッキリ企画としてベッドで寝ている人をスクランブル交差点の真ん中に放置するという内容の動画を配信し炎上する事態へとなりました。

炎上するだけならいいのですが、一歩間違えれば大事故につながりかねない危険な行為です。

Youtube側はこうした危険行為や迷惑行為などをストップさせるために、こうしたチャンネルを規制する動きもありました。

アツシ
アツシ
『自分は興味や得意なこともないからとりあえず無茶ぶりでおもしろ動画でもやろう!』と考えるのはやめておきましょう。

まとめ

さあ、やってみたいジャンルは決まりましたか?

長く続けていくためにもあなたの趣味や興味のあることが一番ですが、人気のあるジャンルを紹介しておくと、

  • 旅行系
  • スマホ製品やアプリなどのレビュー系
  • チャレンジ系(○○やってみた!など)
  • キッズ系
  • ゲーム実況系

などの人気が高いようです。

旅行系といっても、弾丸旅行や限定した国(や地域)だけを紹介、飛行機や電車など乗り物に特化したYoutuberも多く存在します。

アツシ
アツシ
何度も言うように、同じジャンルでも着眼点は人それぞれ違いますし、あなた自身の職歴や経歴を掛け合わせれば世界でたったひとりのYoutuberになることができます!

Youtubeはもう飽和状態とも言われていますが、むしろこれからはブログなどの活字よりも動画コンテンツが主流になってくると思うので遅いなんてことはありません。

まずはあまり難しく考えず、自分の好きなことを発信していきましょう!