ライフスタイル

【初心者向け】夏フェスの服装と持っていきたい必須アイテム!

 

アツシ
アツシ
夏!夏といえば夏フェスですが、初めて夏フェスに行くという方も多いと思います。

 

夏フェスは今や夏の風物詩となっていますよね。

ワンマンライブと違って、普段見ることのないアーティストが見られるいい機会にもなります。
また色々なアトラクションやフェス飯なんかも楽しみの一つですよね。

でも夏フェスといっても服装や持っていきたいアイテム、注意事項など色々あります。

そこで今回は夏フェスのあれこれをお話しいたします!

今年の夏フェスも全国で開催!!

ROCK IN JAPAN公式HP引用:ROCK IN JAPAN公式HP(http://rijfes.jp/2019/archive/gallery/)

 

夏といえば夏フェスを楽しみにしている方も多いと思います。

 

アツシ
アツシ
僕も若いころは夏フェス王子と言われるほど、毎年数々の夏フェスに参加していました!

 

特に日本で開催の大型フェスといえば、

  • フジロックフェスティバル(フジ)
  • サマーソニック(サマソニ)
  • ロック・イン・ジャパン(ロッキン)
  • ライジングサンフェスティバル(ライジング)

の4大フェスが有名かと思います。

僕自身はフジロックフェスティバルには行ったことがないのですが、あとの3つのフェスは経験済みです。

そして今年はサマーソニック(幕張)に行ってきたいと思います!
そのレポートも後日アップするのでまたチェックしてみてくださいね!

他にも1日だけの地方フェスや、テントを張ってお酒を飲みながらのんびり聴くゆるい系のフェスなんかも最近は増えてきています。

屋内型フェスと完全野外フェスなのかを抑えておく

夏フェスの服装ですが、まずは夏フェスの種類から抑えておきましょう。

夏フェスといえば野外のイメージがありますがサマーソニックはメインのステージはマリンスタジアムなので野外ですが、あとは幕張メッセを使用するので屋内です。(大阪会場は完全野外)

しかし、ロッキンフジロックライジングなどは完全野外フェスであり、特にフジとライジングは山の中や北海道の海沿いで開催するため、日中と夜の気温が10度以上差が出てきます。

まずは自分の行くフェスがどのタイプのフェスなのか、HPなどを見てチェックしておきましょう。

  • フェス会場が屋内型か完全野外か調べておく
  • 完全野外の場合、日中と夜間では気温差が激しい

夏フェスにオススメの服装!

引用:ROCK IN JAPAN公式HP(http://rijfes.jp/2019/archive/gallery/)

 

フェス種類によって服装は若干異なりますが、

  • Tシャツ(+薄手のパーカー)
  • タオル
  • ハーフパンツやレギンスとの併用
  • 帽子
  • スニーカー

で、基本的にはOKです。

女性の場合は山ガールファッションを参考にすれば大丈夫です。

しかし、フジやライジングのように完全野外で、山の中や海沿いで行われるフェスは昼夜の気温差が10度以上にもなることもあります。

特にフジは山の中で雨も降りやすいので一気に気温が下がります。
持ち運びに便利なコンパクトウェアや、ユニクロのウルトラライトダウンでも代用できるので持っておいた方がいいです。

あと大自然の中で開催のフェスはいつ雨が降るかわかりません。
雨が降れば一気に泥水が溜まり、地面がぬかるんできます。

そこで、長靴やレインブーツを持っていくのもオススメです。
荷物にはなりますが、靴は一度濡れるとそう簡単には乾きません。
ずっと濡れた靴を履くのもテンションが下がるので、フジやライジングなどに行く場合は持っていた方がいいでしょう。

ただ、長靴やレインシューズを持っていくと荷物がかさばる!という方はシューズカバーがオススメです。

機能は長靴やレインシューズには敵いませんが、普段履いているスニーカーの上からそのまま装着できるタイプなので、使わないときにはカバンの中に入れておけるのでいいですね!

アツシ
アツシ
僕がライジングに行ったときは、ユニクロのウルトラライトダウンがとても役に立ちました。

使わないときはリュックに入れておけばいいですし、なんといっても軽くてかさばらないのがよかったです。

 

  • 大自然の中で開催のフェスは登山用のパーカーやレインウェア、ライトダウンなど持ち運びができるアウターは必須!
  • レインコートやレインウェアもあれば良い
  • 日焼けしたくない人は帽子と長袖は必須!
  • 長靴は意外と活躍する

サンダルはNG!!

これは絶対に守って欲しいのですが、サンダルはNGです!!

ビーチフェスのように砂浜の上で開催する場合は靴だと砂が入って大変なのでサンダルの方がいいですが、基本的にサンダルはNGです。

おしゃれをしたいのはわかりますが、ライブ中に足を踏まれることもあります。
雨が降ると滑りますし、すぐに脱げてしまうので転倒することもあり、危険です。

どうしてもサンダルがいい場合は、きちんと足がかかとまで固定できるサンダルにしましょう。
最近はサンダルのような靴も売っているので、そういった物もオススメです。

あったら便利!夏フェスに持っていきたいアイテム!

 

アツシ
アツシ
10年以上にわたって夏フェスを経験した僕が、夏フェスにも持っていきたいアイテムをご紹介します!

 

ウェットティッシュ&汗拭きシート

夏フェス会場にもトイレはもちろんありますが、簡易トイレがほとんどです。
入ったらトイレットペーパーがなかったことや、手を洗おうとしても水タンクが空になってて手を洗えなかった・・・なんてこともあります。
もちろん屋台でご飯買ってもおしぼりなどないので、持っていっておきましょう。

汗拭きシートですが、これもあったら便利です。
どうせまた汗かくし・・・と思っていても汗拭きシートには冷却効果もあるので、蘇ります。

冷えピタ

冷えピタもあれば最高です。

カイロの冷却版も売っていますが、冷えピタの方が薄くてかさばらないのでオススメです。
体内の熱を下げてくれるので熱中症対策には意外と役立ちます。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、皆夏フェスで浮かれているのでおでこに貼っていても誰も気にしていません。笑

虫除けスプレー

虫除けスプレーはなくてもいですが、ないとただ単純にかゆいです。笑

虫除けスプレーを忘れてしまった場合、日焼け止めを使いましょう。
日焼け止めにも蚊をよせつけない効果が多少はあるため有効的です。

サコッシュなどの小バック

サコッシュやボディバッグなど、手ぶらになれる小さめのバッグがあればいいです。

貴重品などは盗られやすいので、ちょっとトイレ行ったりお目当のアーティストを見にいくだけのときなどは小さめのバッグが役に立ちます。

特にライブ鑑賞エリアでリュックやトートバッグなどを持ったまま飛び跳ねると、自分は良くても周囲には迷惑です。
手荷物を最小限に抑えるためにも、こうした小バックも持っていっておきましょう!

まとめ|夏フェスの心得

夏フェスは想像以上に体力を使います!

好きなアーティストを見ているときなど開催中はテンションが上がって疲れ知らずなのですが、終わったらもうありえないぐらいの疲れが押し寄せます。

大型フェスの場合はステージが複数あるため、ステージ間の移動も多く、全てのアーティストを見ることは不可能です。
タイムテーブルを見てどのアーティストを見るかあらかじめ計画しておきましょう。

どうしても時間が惜しいという人は食事時間をずらすのも良い方法です。
12時ごろはどの屋台も激混みになるので、昼食は11時ごろや14時以降などタイミングをずらしておけば並ぶ時間を短縮できます。

あと一番大事なのは、水分補給はこまめに行いましょう。

水分は体内に吸収されるまでに時間がかかるので、汗をかく前に飲んでおきましょう。
ちなみに、アルコールは水分ではありません!むしろ逆に水分を奪ってしまうので気をつけましょう。

 

アツシ
アツシ
そして、無理をしない!これは必ず守ってください。
無理をすれば熱中症になったり、怪我もしやすくなるので、せっかくの楽しい夏フェスが台無しです。

ルールとマナーを守り、夏フェスを楽しみましょう!

 

SUKIKOTO Radioはじめました

SUKIなKOTOを発信していくオリジナルラジオコンテンツを配信開始しました!

その名も【SUKIKOTO Radio】

仕事の話、好きな音楽の話、旅行の話や日々感じたことをお届けします。

あなたのライフスタイルが少しでも豊になるお手伝いができればと思います。

ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

SUKIKOTO Radio チャンネル登録はこちら

関連記事