転職・仕事

退職代行サービスは親や家族にバレずに退職できる?登録しておきた退職代行サービスはどこ?

【会社にはもう行きたくない】

そう決めたあなたが、次に取るべき行動は「会社を辞める」ことです。
しかし、上司への報告や退職手続きのことを考えると、気が重くなるものです。

退職代行サービスは、会社に行くことも、上司の顔をみることもなく、あなたの代わりに退職手続きをしてくれるサービスです。

アツシ
アツシ
退職代行サービスは確かに話題ではありますが、でも親にバレたりしないの?とちょっと気になりますよね。

そこで今回は退職代行サービスが親にバレるのか?どういったときにバレるのか見ていきたいと思います。

登録しておきたい退職代行サービス

退職代行SARABA
∟ 即日退職可能!

∟ 大手退職代行サービスなのに低価格を実現!
∟ 労働組合なので有休消化や残業代未払い請求も可能!

退職代行SARABAは返金保障もありますが失敗したことはありません。
日本と海外に拠点があるので夜中に相談しても迅速に対応してもらえます。

会社を辞めて新しい人生をスタートをする→退職代行SARABAの公式HP

親にバレる確率は低い

一番気になるのは、退職のことについて実家や親へ連絡がいくことです。

自分で悩んだ末に決めたことなのに、周りにとやかくいわれたくありません。
退職代行サービスを利用すると、実家や親に連絡が行く可能性はないのでしょうか?

安心してください、結論から言うと大丈夫です。

「親や保証人には連絡をしないよう」伝えるのことも可能です。
※ただ、それでも絶対ではない点はご理解くださいね。

自己都合退職の場合でも親や身元保証人への連絡が行くことはまずありません。
もちろん、代行業者から親に連絡がいくことも絶対にありません。

きちんとした退職代行サービスを使えば親にバレる確率は低くなるでしょう。

退職したことが親にバレてしまう3つのケース

会社を退職したのはいいけど、親にいろいろ言われたくはないものです。
退職したことはとりあえず隠しておきたい、という気持ちは誰にでもあると思います。

しかし、あなたが隠そうとしても、親にバレてしまうケースがあります。

実家暮らし(親と同居)

あなたがもし実家暮らしなら、行動パターンからバレてしまう可能性があります。
家族にはあなたの出勤や帰宅時間などある程度わかっているからです。

退職ともなれば、平日でも出社しなかったり不自然な連休を取ることになります。
そうなれば同居している親から疑われるかもしれません。
会社から連絡がこなくとも、自分の行動で親にバレてしまうことがあります。

会社の社員に親の知り合いがいる

あなたが勤める会社に親など身内の知り合いがいる場合、そこからバレてしまうことがあります。
事情を知らずにポロっと言ってしまうこともありえます。

よほど大きな会社でない限り、あなたの退職は皆に知られることになります。

親に直接連絡されたら一発で退職がバレてしまうでしょう。
そうなると悪気があるとは限らないため、防ぐのは難しいかもしれません。

退職手続きの書類を親に見られる

会社を退職すると手続きに必要な書類が家に届くことになります。
実家などで親と同居している場合、会社からの連絡物で怪しまれるかもしれません。

普通は封筒の中身が外から分かることはないはずですが、親が退職手続きの入った封筒を不思議に思うかもしれません。
書類が届いたら机に置きっ放しなどにせず、すぐに処理しましょう。

親にバレないようにするには!?

あなたが退職することが、親に知られたら面倒なことになるかもしれません。
「いずれはわかることでも、今はバレたくない」
そんな風に考えるのも、もっともなことです。
親にバレないようにするには、どうすればいいのでしょうか。

退職手続きや健康保険の書類などは速やかに対処する

上記でも述べましたが、会社を退職するとあなた宛に退職手続きに関する書類が送られてきます。
失業すれば税金や国民健康保険などの書類も家に届くことになるでしょう。

もしあなたが親と同居している場合、郵便物から詮索をされる可能性があります。
あなた宛の封筒が勝手に開けられることはないにしても、用心はしておくべきです。
郵便物をまめにチェックして、自分宛てのものは速やかに回収しておきましょう。

できるだけ早く転職する

解決策として、さっさと転職をしてしまうという方法もあります。
別な会社に転職してしまえば、退職がバレても心配はいりません。

自分に合わない会社を辞めて転職してしまえば、気分もスッキリするはずです。
親や友人に「実は転職した」と事後報告しておけば退職したことも気にならなくなります。

バレる心配よりも、素早くアクションを起こして就職してしまうのも一つの手です。
退職代行サービスの中には転職サポートがある退職代行サービスもあります。

退職代行サービスを選ぶポイント

会社を辞めるなら周りに知られること無くスムーズに退職したいものです。
退職代行サービスを選ぶ際、利用者の数や実績など比べるところはたくさんあります。

そのなかで「親にバレにくい」というのも大事なポイントのひとつですが、他にも選ぶポイントがいくつかあります。

転職サポートがある

会社を退職しても、親にバレる前に転職をしてしまえば何もいわれる事はありません。

退職代行サービスに転職サポートがあれば、すぐに転職活動を始めることができます。
仕事のブランクができるだけ短い方が転職に有利になります。

突然辞めるわけですから、転職先が決まっていないパターンが多いと思います。
転職サポートがある退職代行サービスを選びましょう。

LINEやメールでやりとりができる

退職代行サービスを利用する場合、直接職場と話すことはありませんが、退職代行会社とのやり取りは必要になります。

もし親と同居をしている場合、電話で頻繁に連絡していれば怪しまれることがあります。
スマホのメールやLINEでやり取りできれば、親にバレる可能性もなく安心です。

ほとんどの退職代行サービスがLINEやメールには対応していると思うので、このあたりはあまり心配しなくてもいいかもしれません。

対応が早い

あなたが少しでも早く退職したいと考えているなら、手続きからアクションまでの対応が早い退職代行サービスをおすすめします。

退職代行サービスを利用する場合、問い合わせから始まり、申し込みへと手続きを進めていきます。
手続きの確認後、すぐに退職へのアクションを起こしてもらえればそれだけ早く退職することができます。

「24時間受付」と書いてあっても受付が24時間なだけで返信は翌日という業者もあります。

親が退職に反対するのは当たり前だと思っておく

退職することを親に話すと、反対されるという話をよく聞きます。

子供のことを、心配しての反応かもしれません。
かつて勤続年数によって給料が増える、「年功序列」の時代では、良い会社に就職し定年を迎えることが成功でした。

しかし、今は転職でのキャリアップは珍しいことではなくなっています。
親が自分の若かった頃と同じだと考えているなら、あなたの退職に反対するのは当たり前なのかもしれません。

自分の人生は自分で決めればいい

自分の仕事のことなのに、どうして親のことが気になるのでしょうか。
それはあなたに共感力があり、心配する親の気持ちを無意識にわかっているからです。

後ろめたさや、親にバレたくないという気持ちは間違ってはいません。
しかし、親は「あなた」ではありません。

この先もあなたは自分自身の価値観を大事にしていくべきです。
自分の人生は自分で決めればいいのです。

退職して明るい未来を想像する

親は反対するものですが、それよりも退職することで待っている明るい未来を想像しましょう。

毎日満員電車に揺られ、もう嫌な上司や同僚にも合わなくてもいいし、今担当している面倒な仕事もしなくていい。
うるさい顧客に会うことも取引先に頭を下げる必要もありません。

なにより、精神的に楽になれるのが一番いいことです。
精神的に余裕がある方が転職など次へのステップに進みやすいのは間違いありません。

退職代行SARABAがなぜ人気なのか

数々の退職代行サービスを調べてきましたが、退職代行SARABAを利用するのが一番メリットがあると思いました。

退職代行サービスはたくさん増えてきていますが、基本的には”退職したいことを伝える”のがメインであり、それ以上の交渉はできません。

しかし、退職代行SARABAは労働組合が運営することになるため、有休消化や残業代未払いなども交渉することが可能です。

※ただし、裁判沙汰になった場合は弁護士でないと対応できません。

しかし、有給休暇を使わせない・残業代を支払わないというのは違法になり、裁判沙汰になれば会社側が100%負けるので裁判をしようという会社はないそうです。

最近は退職代行サービス対策をしている会社も多く、

  • 退職代行会社は認めません
  • 損害賠償を請求するぞ
  • 弁護士を通してください

と言われてしまうと対応が難しくなることがあります。

アツシ
アツシ
他社の退職代行サービスでは、お金を払ったのに退職失敗して損をしたなんて人もいたそうです。

しかし、労働組合になれば団体交渉権があるため、会社側が交渉に応じなければ不当労働行為となり、会社側の立場がまずくなります。

正直、そこまで辞めたがっている人に対して労力を使うほど会社側も暇じゃありません。
それならさっさと辞めてもらって後任者を探した方が早いと考えるでしょう。

いくら言っても本人が出社しないのであれば、会社側としてはなんのメリットもありませんからね。

  • 即日退職可能!今日から上司や同僚と会わなくていい
  • 労働組合なので有給消化や残業代未払いの交渉も可能
  • 転職サポートもあるので退職後も安心
  • 知名度のある業界大手では最安値(むしろこれより安くて名前の通っていない業者は危険)
  • 日本と時差のあるウクライナにもスタッフがいるため、夜中にLINEをしても返信が早い

>>退職代行SARABAに早速相談してみる

退職代行SARABAの利用手順

実際に利用するにはどのような流れなのでしょうか?

①LINEかメールまたは電話で相談

まずは相談しましょう!相談することから始まります。

もちろん電話でも大丈夫ですが、電話だと何度もやりとりをすると時間がかかりますし、その都度同じ担当者が電話口に出てくれるとは限りません。

LINEやメールだとどういった話だったか記録にもなります。

担当者の方にお聞きしたところ、一番推奨しているのはLINEだそうです。

LINEの方が返答も早く、既読が付くので確認したかどうかもわかります。

過去のやりとりもすぐに見ることができるので、相談者にもLINEを推奨しているそうです。
それにLINEなら気軽に相談しやすいのもメリットですね。

LINEで相談する場合

LINEで相談する場合、LINE登録の前に以下の画面が出てきます。

フルネーム(本名)とLINE名を入力し『送信』をクリックします。

 

次にこういった画面が出てくるので、記載しているLINEのURLをクリックすると自分のLINEのアカウントが出てきます。

あとは【追加】から友達追加をすれば完了です。

トークから退職したい旨を伝えればOKです。

②相談後に料金を振り込めば申し込み完了

相談後、相談料を振り込めば申し込み完了となります。

銀行振込だけでなく、クレジットカードも利用できます。

③担当者との打ち合わせ

振り込み後、申し込み完了となればSARABAの担当者と退職日などの最終的な打ち合わせをします。

気になることがあれば遠慮なく聞いてみましょう!

④SARABAから会社へ連絡

担当者との打ち合わせも終われば、あとはSARABAのスタッフがあなたの会社へと連絡し、退職に向けて話しを進めていきます。

退職が完了するまで、メールや電話など回数無制限で対応してくれるので心強いですよね。

退職代行SARABAはたったこれだけで苦痛から解放することができます。
もうひとりで悩まず、まずは相談してみましょう!

>>退職代行SARABAに今すぐ相談してみる