就労移行支援

てんかんで働けないと悩んでいる人にオススメの仕事!

 

アツシ
アツシ
アツシです!

今回はてんかんで働けないと悩んでいる人へお伝えします!

 

現在、てんかんで働けないと悩んでいる方も、安心してください。
てんかんでも働ける仕事はあるんです。

数年前にてんかんの人が車を運転し、大事故を起こしてしまうニュースがあったことから、てんかんへに対する世間のイメージはあまりよくありません。

働きたくても、てんかんがあるというだけで面接すらしてもらえないという経験もあるのではないでしょうか。

しかし、てんかんの人であっても会社側に配慮があれば皆と同じように働けるんです。

そこで今回、てんかんの人が働く方法をお伝えしていきます!

 

【てんかんで働けないと悩まなくて大丈夫!】

働きたい気持ちはあってもなかなか自分に合った仕事が見つからない、いざ仕事が決まってもてんかんを持っていると続くか不安になると思います。
まずは仕事に対しての不安や悩みを相談してみませんか??
就労移行支援事業所なら働ける方法を一緒に考えてくれます!

就労移行支援【リンクビー】に相談する

※リンクビーは発達障がい専門となっていますが、それ以外の症状でも問題ありません。親会社のゼネラルパートナーズは他にも就労移行支援事業所を構えているので、まずは今の状況を相談し、あなたに合った方法を一緒に考えてくれます!

てんかんで働けなくなる原因とは?

 

アツシ
アツシ
てんかんがある人が働けなくなる原因とはどういったことがあるのでしょうか?

 

てんかんがある人が働けなくなる原因として

  • 突然発作が起こり、意識を失ったり倒れることがある
  • 体の一部がピクっと動いたりと運動発作が起こる
  • 不安や恐怖感をあおるような精神発作が起こる
  • 話の途中で急にぼんやりしてしまう

など、いつ発作が起こるのかわからないことから、働くのが難しいのではないかとされています。

特に、運転中に突然発作が起こると大事故にも繋がり、他人を巻き添えにしてしまうことがあるので、運転を伴う業務は避けた方がよいでしょう。

てんかんのある人が職場で配慮してほしいこと!

 

アツシ
アツシ
てんかんがある人は会社で自分の症状を理解してもらい、配慮してもらうことが大切ですが、実際にはどういったことを配慮してほしいのでしょうか。

 

てんかんのある人が職場で配慮してほしいことを聞いたところ、

  • 未だ偏見の多い病気だか会社が病気に対して理解がある。
  • いつ車の免許も取り上げられるかわからないので、運転が伴う業務は避けてほしい
  • 一人きりにならない(病気の理解者が居る)環境を作ってくれる。
  • 残業をしなくて済むように配慮してくれている。
  • 通院時に休みを取らせてもらえる。(休みやすい環境)
  • 突然の体調不良時に休憩をもらえる

といった意見が多くありました。

やはり【てんかん】という病気に対しての理解があることが一番望ましいのではないかと思います。

てんかんのある人が職場で言われた不快な発言

てんかんの場合、職場の理解がなければ継続して働くのは難しいです。

しかし、てんかんがある人が職場で不甲斐ない言葉を浴びせられることは未だに多くあります。

実際にどういった不快な発言を受けたか聞いてみると、

 

あの人だけ特別扱いしていると妬まれたりしました。

でも他の同僚と仕事量は同じでしたし、仕事の質も評価されていたのですが、病気を武器に同情点を稼いでいると心ないことを言われました。

 

通院の休みを申し出た時に「また?」「月に何回休むつもり?」等、理解の無い言葉を言われましたね。

突然の発作で意識は失ってはいなかったものの、あきらかに立てない状態、座ってるのもやっとの状態の時に「ふらふらしたら休憩できるってお得な体質でうらやましい」と嫌味も言われました。

 

といったようにまだまだ障害への理解が少なく、こうした心ない発言をする人が未だに多いのも事実です。

てんかんをオープンにするかクローズにするか

てんかんであることをオープンにするかクローズにするか、これもてんかんの人が働くためには需要なことです。

 

アツシ
アツシ
結論から言うと、長く働くことを考えればてんかんをオープンにした方がいいのですが、てんかんを理解していない人も多いので、オープンにすればそれだけで不採用になってしまうこもとあります。

 

ただクローズにしてしまうと、万が一就職できてもてんかんであることを隠さなければなりませんし、急に体調が悪くなってもなかなか休めません。

会社を休んでばかりだと「やる気がない」「急に休むから仕事を任せられない」と周囲からは厄介者として扱われる可能性もあります。

理想なのはてんかんであることをオープンにし、周囲もてんかんに対しての理解を持ってくれることが一番です。

就労移行支援事業所なら働けるようになる!

就労移行支援事業所というのは耳にしたことはありませんか?

てんかんの人がうまうく働ける方法としてはこれがもっとも近道な方法です。

 

アツシ
アツシ
就労移行支援事業所とは、てんかんで働けない人が働くために必要なスキルや生活習慣を身に付ける訓練施設のようなものです。

 

学校や塾などとは違い、あなたのペースに合わせてゆっくりとプログラムを進めることができます。

「働きたい気持ちはあるけど今の状態では働けない、でも働かないと・・・」

矛盾した気持ちってありますよね?就労移行支援事業所であればその矛盾を取り除くことができます。

就労移行支援事業所は収入や障害によって多少異なりますが、基本的には無料で利用できます。

 

アツシ
アツシ
てんかんの人が通える就労移行支援事業所ならリンクビーに相談するのがいいと思います。

リンクビーは発達障害専門の就労移行支援事業所ですが、親会社は他にも障害者の就労に関することを運営しているのでノウハウもあって安心です!

 

できるだけで早く働きたい気持ちもあるかもしれません。

しかし、慌てて働くより就労移行支援事業所に通う方が生活習慣もスキルも身に付けることができ、大手企業へ就職できるチャンスも増えるので、絶対に通った方がメリットはたくさんあります!

就職活動もサポートしてくれますし、希望があれば職場にてんかんで配慮してほしいことを事前に説明してもらえますし、就職後の定着支援もしてくれます。

実際にリンクビーでは定着率90%という実績があるのでノウハウもあり、安心です。

いきなり通うとなると抵抗があるかもしれないので、就労移行支援事業所が気になる方はまずは相談だけでもしてみましょう!

【リンクビー】に相談する

※リンクビーは発達障がい専門となっていますが、それ以外の症状でも問題ありません。親会社のゼネラルパートナーズは他にも就労移行支援事業所を構えているので、まずは今の状況を相談し、あなたに合った方法を一緒に考えてくれます!

 

実際にリンクビーに行ってみました!どういったところか知りたい方はこちらもどうぞ!

就労移行支援事業所のリンクビーとシゴトライを見学してきました! リンクビーとシゴトライは、株式会社ゼネラルパートナーズが運営している就労移行支援事業所です。 障がい者の転職支援なども...