介護・福祉

特別養護老人ホームを辞めたいと悩んでいる人にオススメの転職!

 

アツシ
アツシ
介護の仕事をしている人なら特別養護老人ホームの大変さはよくご存知だと思います。

特別養護老人ホームは辞めたいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

特別養護老人ホーム=特養と略されることが多いのですが、特養は要介護度3以上の方が入居条件となるので、働く介護職側としてはとても大変です。

特養は高齢者の方が生活している場であり、24時間365日勤務体制のため体力的にも厳しいです。

重労働で人の命を預かる仕事なので精神面でも苦労することが多く、やりがいだけではなかなか続けるのは難しいですよね。

そんな悪条件から特養を辞めたいと悩んでいるのではないでしょか。

そこで今回、特養を辞めたいと悩んでいる人にオススメの転職方法をお伝えします!

今すぐ知りたい方はコチラ

 

自己紹介
  • 名前:アツシ
  • 経歴:元介護士。介護士を4年、その後社会福祉協議会で生活相談員を経験。 約7年間、福祉業界に携わる
  • 資格:介護福祉士、社会福祉主事、キャラバンメイト(認知症サポーター)

 

特別養護老人ホームを辞めたくなる3つの理由!

 

アツシ
アツシ
特別養護老人ホームを辞めたくなる3つの理由とはどういったことがあるのでしょうか?

 

①不規則な勤務形態や給料などの待遇面がよくない

これは鉄板中の鉄板ですね。

特養は入所施設なので24時間365日勤務体制なのは仕方がない部分はあります。それが嫌ならデイサービスなどに転職するしかないです。

ただ、不規則な勤務で夜勤もある割には給料がよくありません。

月5回程度の夜勤手当が付いて、やっと生活ができるレベルではないでしょうか。

小さいお子さんがいる家庭ではなかなか夜勤が難しいこともありますよね。しかし、夜勤手当が付かず日勤だけの勤務になるとフリーター並の給料になってしまいます。

介護職も給料が底上げされてはきていますが、不規則な勤務形態で命を預かる仕事にしてはあまりにも安すぎます。

②人間関係が悪い

人間関係が悪いのも特養、いやこの業界全体の”あるある”です。

 

アツシ
アツシ
元介護士の立場から言うと、介護業界はどの職場に行っても人間関係が悪いことが多いので、他の業界と比べても珍しいことだと思います。

 

これにはいくつか理由があり、

  • 人手不足なのでやる気のない人でも雇わざるを得ない
  • 一般企業ではどこも雇ってもらえず、仕方なくこの業界を選んだ
  • リストラされ、正社員で働けるのが介護業界しかなかった

と、介護のお仕事が好きで選んだわけではない人が多い職場だと、職員間で溝が生まれ、人間関係が悪化してきます。

③家族からのクレームが多い

 

アツシ
アツシ
実はこれ、辞めたくなる理由に結構多いんです。

 

特養なので家族が一緒に暮らしているわけではないのですが、中にはモンスタークレーマーが存在します。

自分の親の顔を見に頻繁に面会に来られる人や、特養側に協力的な家族ほど、介護の大変さを理解してくれているのであまりクレームを言いません。

むしろ親の面倒もろくに見ず、自分で面倒を見るのが面倒くさいから特養に預けてきた家族の方が厄介なんです。

そういう家族に限って、たまにしか来ないのに「お金を払ってるんだから!」とお客様は神様論を出してきます。

確かに入居する方がいて利益になるのでお客様といえばそうなのですが、介護職と入居者はどちらが上とか下とかないと思います。

介護職は入居が少しでも自立した生活ができるようにケアするお仕事です。

なんでもかんでも言う事聞くのがお仕事ではありませんし、納得いかないのであれば高級老人ホームにでも入居し、手厚いサービスを受けてくださいと言いたいぐらいです。

“やりがい”という謎の精神論にごまかされるな!

特別養護老人ホームを辞めたくなる理由をお伝えしてきましたが、よくあるのが待遇面や業務の見直しなど全く改善しようともせず、「やりがい」という言葉でやり過ごそうとする特養もあります。

確かに仕事をする上で「やりがい」は大切です。でも私たちが働くのは生活するためでもあり、「やりがい」だけで働くことはできません。

 

アツシ
アツシ
「逃げるは恥だが役に立つ」でも、ガッキーが『やりがいの搾取だ!』と言ってましたね。

 

介護職はボランティアではないですし、「やりがい」というのはある程度余裕があってこそ感じるものだと思います。

重労働・低賃金で精神面でも疲労が絶えない状態で「やりがい」があるから頑張れというのはただ現状を置き去りにしてごまかしているだけです。

特別養護老人ホームを辞めたいと思ったら転職!

特別養護老人ホームを辞めたくなる理由をお伝えしてきましたが、正直今の職場がすぐに体質改善できるかというと、できません。

むしろこのまま辛い思いをしながら働くことになるでしょう。

 

アツシ
アツシ
介護業界は全体的に人手不足ですし、今の特養が辛いのであれば転職することをオススメします!

 

転職するならスマイルSUPPORT介護がオススメ!

特別養護老人ホームからの転職を考えるなら、スマイルSUPPORT介護に相談するのがオススメです!

 

スマイルSUPPORT介護介護業界に特化した転職サービスです。

 

アツシ
アツシ
介護職の求人だけでなく、もちろん生活相談員などの求人もたくさん取り扱っています!

 

一般的な転職サイトなどと違うのは、

  • コンサルタントが1対1であなたの転職をサポート!
  • コンサルタントも有資格者や介護業界経験者がいるので安心!
  • 給料や条件面など、伝えにくいこともコンサルタントが間に入って行います!
  • 面接にもコンサルタントが同行してくれるので安心!
  • 入社前に職場の雰囲気がわかるので不安を解消できます!

など、入社前に職場の雰囲気がわかるのはあなたにとってかなりのメリットではないでしょうか。

特に福祉業界はまだまだブラックな事業所も多く、自分で探すと転職して後悔したという話もよく聞きます。

別の特別養護老人ホームで働いてもいいですが、特養は重度な方が多いので、他の介護施設からすると喉から手が出るほど欲しい人材です。

条件面など聞きにくいことでもコンサルタントが間に入って聞いてもらえるので安心です。

スマイルSUPPORT介護なら非公開求人も豊富!

さらにスマイルSUPPORT介護は非公開求人も豊富です。

非公開にしている事業所はそれだけ条件もいいので、一般公開してしまうと応募が殺到してしまいます。

 

アツシ
アツシ
つまり、非公開求人にはいい条件の求人がたくさんあり、職場の環境が良い事業所もたくさんあるということです。

 

しかし、当たり前なのですが、非公開求人は早い者勝ち!です。

条件が良いとすぐに採用が決まって募集終了となる可能性も高いので、どうしようか悩んでいる間に他の人取られてしまいます。

転職と聞くとイメージが悪いですが、このまま無理をして働いてもストレスが溜まるだけです。

まずはどういった職場があるのか相談してみましょう!

 

アツシ
アツシ
スマイルSUPPORT介護は下記のリンクからすぐに登録できるので、ぜひあなたが活躍できる職場が見つかるように応援しています!

>>スマイル SUPPORT 介護の公式HPはこちら 

 

関連記事