台湾

台湾の桃園空港から台北駅までMRTが開通!実際に乗ってみました!

 

アツシ
アツシ
2018年の年末、台北101のカウントダウンを見たくて台湾に行ってきました!

桃園空港から台北駅までMRT(地下鉄)が開通して初めてだったので乗ってみることにしました。

 

SIMカードが必要な人は空港で買っておく

MRTに乗る前にSIMカードが購入できるので滞在中にSIMカードを使う方はここで引き換えておきましょう。

5daysで300元ぐらいです。5daysで500元のカウンターもありましたがこれは無料通話が多く含まれているからです。

正直海外で無料通話なんていらないので300元で十分です。

データ通信さえできればLINEも使えるので問題ありません。

 

アツシ
アツシ
SIMカードを手に入れたら、このMRTを目指しましょう!

 

ほとんどの観光客がこのMRTを目指すのでそこまで迷うことはないと思います。

 

地下一階にはこのようなフードコートもあります!パン屋さんやバーガーキングなどもありました。

 

地下二階へ降りるエスカレーターが長いです。

 

ちょっとだけ距離がありますが、そこまで遠くはありませんでした。

 

台湾ではイージーカードはマストアイテム!

 

さ、やっとこさ改札口へ到着です。

ここで切符を買いますが、台北駅までは150元です。

 

 

アツシ
アツシ
僕が行ったときは切符売り場にはおばちゃんがいて、操作などほとんどやってくれました!

ブロガーとしては操作方法も写真に撮りながらしたかったんですけどね。笑

 

おばちゃんがいなかったとしても、台湾にある券売機は日本語表示もできるので難しくはありません。

ただ1000元札は使えないので、両替は横の機械で予め両替しておく必要があるみたいです。(僕が行ったときはその両替機にもおじさんがいてやってれくました。)

切符を購入するときに、おばちゃんに台湾で使えるイージーカードを買うのかどうか聞かれます。

 

おばちゃんに、台湾で使えるイージーカードを買うのかどうか聞かれます。

このイージーカードはSuicaやICOCAのような交通カードです。

台北は地下鉄がバスでの移動が多くなるのですが、イージーカードを使えばMRTが毎回2割引になりますし、バスは日本と違ってお釣りが出ないのでイージーカードは購入しておいた方がいいです。

発行手数料で100元かかりますが、毎回乗る度に2割引なので元は十分取れます。

コンビニや駅でもチャージでき、買い物にも使えるので何かと便利です。

 

アツシ
アツシ
余ったとしてもまた台湾に来たときに使えます!

小銭は日本円に両替ができないので、余った小銭をイージーカードにチャージをしておけば空港の自動販売機でも使えるので便利です!

 

実際に乗ってみました!

前置きはさておき、早速乗ってみました!

基本的には普通のMRTと変わりありませんが、スーツケースを乗せるスペースが多いことぐらいでしょうか。(写真忘れた・・・)

ここで気をつけておきたいのが、台湾のMRTは車内もホームも飲食禁止です!

日本では飲み物を飲んでも何も言われませんし、マナー違反ですが食べてる人もいますよね。

台北の地下鉄では水を飲むことさえ禁止なので気をつけましょう!高額な罰金が課せられます。

約35分で台北駅に到着!

特急に乗ればだいたい35分で到着します。

これまではバスしかなく、ピーク時だと乗車まで1時間近くかかってました。

MRTはバスより値段は高いですが、確実に時間がわかるので絶対MRTがオススメです。

 

アツシ
アツシ
せっかく台湾に来たのであれば時間を有効に使いたいですよね!

MRTやイージーカードを上手に活用し、ぜひ台湾旅行を楽しんできてくださいね!

 

関連記事