ライフスタイル

宇多田ヒカル2年ぶりのアルバム「初恋」発売!全国ツアーも開催決定!

ATSUSHI
ATSUSHI
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?あらためまして、ATSUSHIです!

今日は今話題の宇多田ヒカル「初恋」をご紹介します!

 

宇多田ヒカルの約2年ぶりのニューアルバム「初恋」がリリースされました。

僕はPerfumeもセカオワも好きなのですが、実は宇多田ヒカルも大絶賛するほど大好きなんです。(好きなアーティスト多すぎ問題)

いやいや、だって16歳で作詞作曲し、Automatic作っちゃうってもう天才でしょ。笑

First Loveの「最後のキスはタバコのフレーバーがした」なんて16歳で書けますか?

自分が16歳のときフレーバーなんて知らなかったし、フレーバーを知っても甘い物しか想像できなかったし、全然タバコの味なんてしないやん!ってぐらい純粋で可愛い子どもでした。(自分で言うな)

小室哲哉など音楽プロデューサーも、彼女の楽曲は真似できないぐらい個性的で素晴らしいと大絶賛するほど。

まああのツンケンしてた頃とは違い、最近の楽曲はノリ重視というよりしっかりとした楽曲が多くなってきたのが印象的です。

昔と違って日本語のタイトル曲が多くなってきましたね。

「初恋」レビュー♪

この度「初恋」をレビューしてみましたが、完全に僕個人の宇多田ヒカル大絶賛レビューなので、歌詞の解釈とか全然違うかもしれませんが、ただの宇多田好きの勝手なレビューだと思ってお楽しみください。笑

 

1.Play A Love Song

サントリー 南アルプススパークリングのタイアップにもなったこの曲。

初めて聴いたときは、「これぞ宇多田節!!」という彼女の得意な曲調だという印象を受けました。

彼女のアルバムの1曲目は必ずタイアップ曲であったり、誰が聴いても「いい!!」と思える楽曲を持ってくる傾向にあります。

でもこれまでと違う印象を持ったのは、最後のゴスペル調のハモりが入っててびっくりしました。

ドリカムかよってツッコミました。笑

2.あなた

しっとりとしたスローバラードな楽曲。

この曲も映画や自身が出演するCMのタイップとなりました。

楽曲も素晴らしいのはもちろんですが、ストリングスとトランペットの音色がすごく心地よいのが印象的でした。

でもこの曲も最後はストリングスやトランペットの使い方がドリカムじゃん!ってツッコミました。笑

吉田美和が歌ってもすごいいい曲になりそう。

3.初恋

このアルバムのタイトルにもなっている「初恋」

完全バラードで切ないこの楽曲。

この切なさが「誰かの願いが叶うころ」を思い出すのは自分だけでしょうか。

力強いストリングスと彼女の歌声が絶妙にマッチしています。

4.誓い

この曲を初めて聴いたとき「光」のように暗めで切ない曲調ですが、どこかに向かっていく主人公が一生懸命生きていく姿が思い浮かびました。

キングダムハーツのような・・・と思ったキングダムハーツのテーマソングだったんですね。ゲームやらないからほんとわかんない。笑

この曲、最初はCDが音飛びしまくってる!?と思ったぐらいにリズムが途切れるので、全然心地よくありません。

でもこの物語の主人公の心情をリズムで表現しているのかもしれませんね。

5.Forevermore

ドラマ主題歌にもなった「Forevermore」

これもお得意のストリングス満載の楽曲。でもリズムが8ビートでもなくスウィングなのに驚きました。

でも全然ジャズっぽく聴こえないのが凄いです。

6.Too Proud

「踊る阿保に見る阿保、たまには踊らにゃ損損」

という歌詞すごい印象的です。

なぜに阿波踊り!?

7.Good Night

これは今夏に公開の映画の主題歌にもなっているそうです。

曲のほとんどが「Goodbye」しか言ってないのですが、その「Goodbye」をここまでかというぐらい伸びやかに歌えるのは彼女の歌唱力を持ってこそだなと思います。

ここだけでもずっと聴いてられます。

8.パクチーの唄

「ぼくはくま」以来の衝撃です!

パクチー好きな自分としては「パクチーぱくぱく」だけで曲が作れるだなんて、さすが日本で一番売れたアルバムの記録を樹立した彼女だからこそできることだなと思います!(大袈裟)

でもメロディーはどこかのテラスで聴きたいしっとりとしたメロディーになっています。

ライブだと中盤でアコースティックで披露しても良さそうですね。

9.残り香

すいません、この曲は聞き込めておらず、あまり印象がないので飛ばします。

10.大空で抱きしめて

これもサントリーのCMで使われていた楽曲です。

実際に彼女がアルプス山脈に登って撮影したのが印象てきでしたね。

サビだけしか聴いたことがなかったので、Aメロがこんなにもポップだとは思っていませんでした。笑

前半のサビと後半のサビが同じメロディーなのにコードが違うのがすごいですね。

前半と後半では全く違う曲のように聴こえるのですが、メロディーは一緒で、でも不協和音にも聴こえない。

んー、凄すぎて僕には真似できない(当たり前)

11.夕凪

冒頭約1分、ピアノのアルペジオとリズム、バックで切なさ感じる音が流れているだけというまさに「夕凪」を表現したのでしょうか。

この曲は1度ではなく何度も聴いてこそ良さがわかる楽曲かもしれません。

12.嫉妬されるべき人生

アルバムのラストに持ってきたこの楽曲。

個人的にはこのタイトルに驚きました。

でもただの暗い曲ではなく、開始3分ぐらいからが個人的に気に入ってます。

3分ぐらいから一瞬曲調が変わり、疾走感あるリズムへと変貌し、最後はまた元に戻る・・・。

このモヤモヤした感じをアルバムの最後に持ってくるのに驚きですね。脱帽です。

12年ぶりの全国ツアーも開催!

約12年ぶりの全国ツアーも開催されます!

実は12年前の全国ツアーで大阪城ホール公演に行きました。

あの時代にLEDの巨大スクリーンを使った演出が印象的でした。

でもその頃はライブに慣れてなかったのか、音も外しまくっていて、あまり満足できるパフォーマンスではなかった印象があります。

でも宇多田ヒカルの歌唱力はそこまで目立った印象はないかもしれませんが、あの息遣いの仕方や声質は間違いなく日本の歌姫の中でもトップクラスですし、今度のライブでは成長した彼女の姿見られるのが楽しみです♪

(チケット当たるかな・・・)

シリアルナンバー付きアルバムは初回出荷のみ!

コンサートツアーに応募抽選できるシリアルナンバーが同封されていますが、初回出荷分のみです!

さらに今回のツアーは転売対策のためにいろいろ制限が多く、

  • シリアルナンバーを何枚持っていようが、1人1公演2枚のみで第3希望までしか申し込めない
  • 同伴者として申し込んだ場合も1公演としてカウントされ、自分が申込者として別のシリアルナンバーで申し込むことはきでない
  • 申込者と同伴者は事前に顔写真を登録しないといけない
  • 申込者と同伴者が一緒に入場しなければならず、申込者が行けなくなった場合は同同伴者も入場できない(マッチングシステムなどがあるのかも今のとこ未定)

とかなり厳しくなっています。

 

しかし、それでもライブに行きたいという人はかなりいると見られ、チケット争奪戦は間違いありません!

さらに彼女のアルバムはすでにオリコンデイリーランキングでも1位なので、いつ初回出荷分がなくなるかわかりません。

興味のある方はいち早くゲットすることをオススメします!

 

ここにボックスタイトルを入力
  • 11月6日・7日:横浜アリーナ
  • 11月14日・15日:マリンメッセ福岡
  • 11月22日・23日:日本ガイシホール
  • 11月28日・29日:大阪城ホール
  • 12月4日・5日:さいたまスーパーアリーナ
  • 12月8日・9日:幕張メッセ

 

宇多田ヒカル「初恋」を購入はこちら↓↓

※すでに初回出荷分が終了している場合もあるので購入前に確認してください。

SUKIKOTO Radioはじめました

SUKIなKOTOを発信していくオリジナルラジオコンテンツを配信開始しました!

その名も【SUKIKOTO Radio】

仕事の話、好きな音楽の話、旅行の話や日々感じたことをお届けします。

あなたのライフスタイルが少しでも豊になるお手伝いができればと思います。

ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

SUKIKOTO Radio チャンネル登録はこちら

関連記事