転職・仕事

地域包括支援センターを今すぐ辞めたい!退職代行サービスは使える?

アツシ
アツシ
アツシです!
地域包括支援センターを辞めたいと思ったとき、退職代行サービスは使えるのでしょうか?

地域包括支援センターは高齢者支援が主な業務ですが、身寄りのない高齢者の支援、親の介護に悩む人への支援、地域への活動など重要な役割が多いです。

その分大変な仕事でストレスも溜まりやすいです。
人の役に立てる立派な仕事ですが、それだけで続けることは難しいでしょう。

地域包括支援センターを辞めたいとき、退職代行サービスは使えるのでしょうか?
オススメの退職代行サービスはどこなのでしょうか?

続きを読む前に

今すぐ辞めたい!退職代行を利用したい!という方は下記のリンクからすぐに相談できます。
日本と時差のある海外にも拠点があるため、土日でもすぐに対応してもらえます。
地域包括支援センターを辞めたい場合でも利用できます。

退職代行SARABAの詳細はこちら

この記事を読むべき人
  • 地域包括支援センターを今すぐ辞めたい人
  • 退職代行サービスが使えるのか知りたい
  • オススメの退職代行サービスが知りたい

地域包括支援センターを辞めたいなら退職代行SARABAがオススメ!

地域包括支援センターを辞めたいと思った時、退職代行サービスは使えます。
退職代行SARABAなら業種や雇用形態に関係なく利用することができます。

アツシ
アツシ
このどこか憎めない猫のキャラクターが印象的ですが、退職代行SARABAは業種や雇用形態など関係なく、低価格で代行してくれます。

SARABAの特徴として、

  • 24時間受付でLINEの返信も早い!(海外にも拠点があるため)
  • 行政書士が監修
  • 退職成功率はほぼ100%!(相談者が退職ではなく休職を選んだケースがあったため、ほぼ100%としています)
  • 毎月300件もの実積
  • 業界内でも低価格を実現!
  • 即日退職も可能なので精神的苦痛から解放される

と、サービスも充実ながら実積も十分にあります。
また、退職成功率が”ほぼ”100%だと正直に伝えるあたりは逆に好感が持てますよね。

利用の流れ

LINEで相談

実際の利用の流れですが、まずはLINEやメール、電話で相談します。

LINEの方がやり取りがスムーズですし、これまでのやり取りもすぐに確認できるのでおすすめです。

電話でもいいですが、電話だと聞き間違いなどの認識の違いが出てきても困るので推奨しません。

LINEで相談しても実際に依頼するまでは無料なので安心してください。
もちろん思ってたのと違うと感じたら依頼しなくても大丈夫です。

相談後、入金確認

相談してみて、退職代行を利用して退職したいと決意ができたら入金します。

クレジットカードや銀行振り込みで入金可能ですが、銀行振り込みの場合は時間帯によっては翌日になってしまいます。
そのときは振り込みをした証明として明細書の写真を送って証明すればOKです。

打ち合わせをし、あとは家で待つだけ

電話をする時間帯や伝えておきたいことなど打ち合わせをしたあとは家で待つだけです。

退職代行SARABAの担当者があなたの会社に連絡し、退職の意向を伝えます。
あとは結果報告を聞き、退職届などの書類や返却物などがあれば郵送でやりとりするだけです。

退職代行SARABAの詳細はこちら

これだけはできないので注意!

即日退職は可能ですが、その場合有給などが残っていたり、未払いの残業代も支払ってほしいと思いますよね。

しかし、残業代を支払ってほしいと望んでいることや有給を使いたい旨を伝えることはできても交渉することはできません。
非弁行為といって、交渉は弁護士しかやってはいけないと法律で決まっています。

費用は高くなりますが、有給消化や残業代未払いについての交渉をしてほしい場合は弁護士がやる退職代行サービスに頼んだ方がいいです。

地域包括支援センターはストレスが溜まりやすい

地域包括支援センターのお仕事はストレスが溜まりやすいですよね。

生活のことや介護保険制度のこと、親の介護など相談者やその家族の今後の人生に関わってくる案件が多いからです。

“地域”と名の付くとおり、地域密着のお仕事でもあるため地域との付き合いも必要になります。
地域には各会長や民生委員など地域のお世話をしてくれる方々がたくさんいます。
その方たちと連携を取ることで、高齢者への支援がうまくいくこともあり、逆に地域との関係性がよくなければうまく支援ができないこともあります。

今これを読んで頷いているのではないでしょうか。

さらにひとつの案件に他の機関と協力して支援を行うこともあるため、思いやる気持ちと気配りがとても大切です。
しかし、気を張り詰めすぎてストレスになることもあります。

ときには理不尽に相談者や地域からクレームがくることもあります。

アツシ
アツシ
福祉となると支援して当たり前と勘違いされることも多く、相談者の思ったとりにいかず、怒鳴られることもありましたね。

無理をすればうつ病になることもあるので注意!

理不尽なことが多い仕事ですが、無理をするとうつ病などメンタル面に影響が起こるので注意が必要です。

全てがそうとは言いませんが、メンタルが強くないとできない仕事な分、性格がなかなかきつい職員も結構います。
相談者、地域、同僚、上司・・・とストレスはどこからやってくるかわかりません。

アツシ
アツシ
社協で働いているとき、地域包括支援センターの職員が次々に休職していくのを目の当たりにしたこともあります。

地域包括支援センターは専門職の集まりでもあるので、簡単に入社できる場所ではありませんが『せっかく入社できたんだから・・・』と変な意地を張って頑張りすぎると体調面に支障がでてきます。

体調を崩してしまうと社会復帰が非常に難しくなります。
それはこの福祉の仕事をしていれば理解していることではないでしょうか。

地域包括支援センターでの経験があれば、別の介護施設の相談員や福祉関連の相談員など活躍できる場所はたくさんあります。
まずは退職して今の状況から逃げ出しましょう。

退職し新しい人生をスタートする

退職代行サービスはただ黙って辞めるだけという印象が強いですが、今の自分を一度リセットして新たなスタートを切り開くためのお手伝いをしてくれるサービスであり、どちらかといえばポジティブな考え方です。

退職代行SARABAの詳細は下記のリンクから確認することができます。
無料なのでまずは気軽に相談してくださいね。

SARABAの公式HPはこちら

退職代行SARABAなら今すぐ退職可能!

『もう出社しなくていい?今すぐ退職できるの!?』

退職代行サービスとは、退職したい旨をあなたの代わりに伝えてくれるサービスでもう出社する必要はありません。
退職代行SARABAなら退職成功率ほぼ100%です!
他の退職代行サービスと違うのは、労働組合に加入しているので、退職日の調整や損害賠償請求されたときの対応などもすることができます。
また知名度のある退職代行サービスにも関わらず25,000円という低価格です。
まずは気軽に相談してみてくださいね!

退職代行SARABAの公式HP