退職代行

社会福祉協議会を辞めたいと思ったときに今すぐ退職する3つの方法!

アツシ
アツシ
どうも!アツシです!

社会福祉協議会を辞めたい!

私も社会福祉協議会に勤めていた経験があります。

福祉業界で働く人にとっては憧れの職場ですよね。

でも実際に働いてみると、
「思っていたのと違う・・・。」
そう思うことはよくありますよね。

社会福祉協議会を辞めたいなと思っても、抱えてる案件などが多くてなかなか区切りがつかずに辞められないなんてこともあると思います。

ただ、そんなことをしているといつまで経っても辞められません。

アツシ
アツシ
そこでこの記事では、今すぐ社会福祉協議会を退職する方法を教えます!

退職代行SARABA|24時間対応!6,000件上の実績!
∟ 24時間いつでも対応!
∟ 6,000件以上の成功実績!
∟ 低価格を実現!

退職代行SARABAの公式HP

この記事を読んでほしい人
  • 社会福祉協議会を辞めたい
  • 今すぐ退職したい
  • 同僚や上司に二度と会いたくない人

社会福祉協議会を今すぐ辞めたい

私自身も社会福祉協議会に勤めた経験があり、地域活動や生活福祉資金、生活困窮者事業など様々なことを経験してきました。

福祉業界に従事する人にとって社会福祉協議会は憧れの職場でもあります。

でも実際はハードな仕事ばかりです。

地域の人や地域の会長へのご機嫌取りは日常茶飯事。
生活困窮者からの相談でも、お金を貸すことはできないと伝えると罵声の嵐。
なんでも屋みたいなところもあるので、矛先が向けられることも多いです。

こんなことはしょっちゅうあるので、辞めたくなる気持ちはわかります。

でも周囲から、

「せっかく社会福祉協議会で働けるのにもったいない!」

と言われた経験もあるのではないでしょうか?

アツシ
アツシ
確かに介護施設の職員などと比べると、夜勤がなかったり、日祝や年末年始も休みだったりしますからね。

待遇は恵まれているかもしれません。

ただ、待遇が良いだけでは働けませんよね。

その他にも人間関係が最悪なことは起こります。

今すぐ社会福祉協議会を退職する方法!

今すぐ社会福祉協議会を退職するにもいろんな方法があります。

①退職届を出して辞める

退職届を出して、辞めましょう。

これができるなら手っ取り早いです。

ただし、退職届を出したとてしてもすぐに退職できるとは限りません。

1ヶ月は働いてほしいとか、言われることはあると思います。

②行かない

もう行かない。

本当に退職したいならこの方法もありです。

アツシ
アツシ
実際、私が働いていた社協でも、突然来なくなる職員はたくさんいました。

連絡もなく出勤しなくなるパターンの他には、心の病などの理由で出勤しなくなる職員もいました。

本当に病気や体調面の場合は仕方がない部分もありますが、突然退職すると社会人としてのモラルは問われます。

社会福祉協議会を突然辞めても、裁判沙汰などになる話はあまり聞いたことがありません。

入れ替わりも激しいので、来ない人をいちいち相手にしてるほど暇ではないという考えかもしれません。

今すぐ退職はできますが、最良の方法とは言えないので、慎重に考えましょう。

③退職代行サービスを使う

今すぐ辞めたい!でも突然行かないのはさすがにしたくない・・・。

でも辞めたい!

そういう人は退職代行サービスを使いましょう!

お金はかかりますが、面倒なことや余計なストレスを抱えずに済むと思えばそう高くはありません。

退職代行SARABAで社会福祉協議会を今すぐ退職

社会福祉協議会を辞めたいと思った時、退職代行サービスは使えます!

退職代行SARABAなら業種や雇用形態に関係なく利用することができます。

アツシ
アツシ
このどこか憎めない猫のキャラクターが印象的ですが、
退職代行SARABAは業種や雇用形態など関係なく、低価格で代行してくれます。

SARABAの特徴として、

  • 24時間受付でLINEの返信も早い!(海外にも拠点があるため)
  • 行政書士が監修
  • 退職成功率はほぼ100%!(相談者が退職ではなく休職を選んだケースがあったため、ほぼ100%としています)
  • 毎月300件もの実積
  • 業界内でも低価格を実現!
  • 即日退職も可能なので精神的苦痛から解放される

サービスも充実ながら実積も十分にあります。

格安の退職代行サービスはNG!

格安の退職代行サービスももちろん存在します。

税込9,800円なんて退職代行もありました。

これで退職できるならいい買い物をした思うかもしれませんが、

  • お金を支払った途端、連絡が取れなくなった
  • 『退職できず失敗しました』と連絡があり退職できなかった

など実際に被害に遭われた方も多いです。

実績があり信用できる退職代行サービスを選びましょう。

アツシ
アツシ
退職代行SARABAは実績もありますが、知名度のある退職代行サービスとしてはかなり格安です。

退職代行SARABAは労働組合が運営しているので交渉も可能!

アツシ
アツシ
退職代行SARABAがなぜオススメなのか?それは労働組合が運営しているため、交渉が可能となったからです!

退職代行サービスはたくさん増えてきていますが、基本的には”退職したいことを伝える”のがメインであり、それ以上の交渉はできません。

しかし、退職代行SARABAは労働組合が運営することになるため、有休消化や残業代未払いなども交渉することが可能です。

ただ最近は退職代行サービス対策をしている会社も多く、

  • 退職代行会社は認めません
  • 損害賠償を請求するぞ
  • 弁護士を通してください

と言われてしまうと対応が難しくなることがあります。

他社の退職代行サービスでは、お金を払ったのに退職失敗して損をしたなんて人もいたそうです。

しかし、労働組合となると団体交渉権があるため、会社側が交渉に応じなければ不当労働行為となり、会社側の立場がまずくなります。

正直、そこまで辞めたがっている人に対して労力を使うほど会社側も暇じゃありません。

それならさっさと辞めてもらって後任者を探した方が早いと考えるでしょう。

アツシ
アツシ
いくら言っても本人が出社しないのであれば、会社側としてはなんのメリットもありませんからね。

一般的な退職代行サービスだと非弁行為になる可能性も

即日退職は可能ですが、有給休暇が残っていたり、未払いの残業代も支払ってほしいと思いますよね。

残業代を支払ってほしいと望んでいることや有給休暇を消化したい旨を伝えることはできても交渉することはできません。

非弁行為といって、交渉は弁護士しかやってはいけないと法律で決まっています。
しかし、退職代行SARABAの場合は労働組合に加入しているので交渉も可能です。

損害賠償請求を起こされた場合は弁護士でないと対応できませんが、訴えてくることはほぼないそうです。

裁判になれば時間もお金もかかり会社側には何のメリットもありません。

アツシ
アツシ
もしその会社が残業代を支払っていなかった場合、そのことがバレるのを嫌がって裁判沙汰は避けたいと考えますからね。

利用の流れ

LINEで相談

実際の利用の流れですが、まずはLINEやメール、電話で相談します。

LINEの方がやり取りがスムーズですし、これまでのやり取りもすぐに確認できるのでおすすめです。

電話でもいいですが、電話だと聞き間違いなどの認識の違いが出てきても困るので推奨しません。

LINEで相談しても実際に依頼するまでは無料なので安心してください。

もちろん思ってたのと違うと感じたら依頼しなくても大丈夫です。

相談後、入金確認

相談してみて、退職代行を利用して退職したいと決意ができたら入金します。

クレジットカードや銀行振り込みで入金可能ですが、銀行振り込みの場合は時間帯によっては翌日になってしまいます。

そのときは振り込みをした証明として明細書の写真を送って証明すればOKです。

打ち合わせをし、あとは家で待つだけ

電話をする時間帯や伝えておきたいことなど打ち合わせをしたあとは家で待つだけです。

アツシ
アツシ
精神的な負担が少ないのは助かりますね!

退職代行SARABAの担当者があなたの会社に連絡し、退職の意向を伝えます。

あとは結果報告を聞き、退職届などの書類や返却物などがあれば郵送でやりとりするだけです。

辞めたくなる理由ベスト3

社会福祉協議会を辞めたくなる理由はたくさんありますが、その中でも特に多いベスト3を見てみましょう。

【1位】人間関係がよくない

まず人間関係がよくありません。

福祉の業界はどこで働いても必ずといっていいほど、人間関係が悪いと言われますが、社会福祉協議会も同じです。

アツシ
アツシ
特に団塊の世代の職員が多い職場は要注意!

公務員ではないですが、一般企業と違って利益追求をする仕事ではないので、仕事をしない職員が多いです。

クビになるなんてこともほぼないので、問題のある職員は管轄区域でたらいまわしにされるだけです。

そんな職員の下で働くことになれば最悪です。

【2位】休日でも地域行事への参加をさせられる

2位は休日でも地域行事への参加をさせられることです。

地域の夏祭りなどが7月〜8月に行われます。

管轄にもよりますが、私が勤務していた社協では区域が10以上あり、各区域ごとに夏祭りを開催するので、7月〜8月の土日はほぼ夏祭りに参加していました。

ただ、地域との関係性を築くためなので強制参加ではないという理由で、ボランティア出勤でした。

また、担当地域の会議にも参加しなければなりません。

昼間は働いてる人もいるので、行われるのはだいたい土日の夜です。

そのためにわざわざ出勤しなければなりません。

【3位】文句を言われやすい

地域活動を担当していると、地域住民から文句を言われます。

  • 私たちはボランティアだけどあなたは給料をもらっている!
  • 役場の人間なんだから何とかしろ!

としょっちゅう言われます。

社会福祉協議会の職員は公務員ではないので役場の人ではないのですが、勘違いされ、標的にされやすいです。

自分が住んでもない地域のことを誰がボランティアでやるかって感じですが、当たり前のように言われます。

社会福祉協議会では、地域活動だけでなく、高齢者や障がい者からの生活の相談や、生活費が足りないなどの相談も多数あります。

アツシ
アツシ
「税金を払っているのに何もしれくない!!」
こんなことを言われるのは日常茶飯事です。

でも税金を引き合いに出してくる人はだいたい非課税世帯ですけどね。

思い切って辞めても大丈夫!

思い切って辞めても大丈夫です。

社会福祉協議会を辞めたい・・・でも辞めるのは惜しい気がする。
すぐに辞めることもできない。

と悩んでいては一向に状況は変わりません。

さっさと退職しましょう!

アツシ
アツシ
社会福祉協議会で働けるスキルと資格があれば、転職先はいくらでもあります。

退職代行SARABAの場合、退職後の転職サポートも行っているので安心です。

心置きなく退職しましょう。

退職代行SARABAなら今すぐ退職可能!

『もう出社しなくていい?今すぐ退職できるの!?』

退職代行サービスとは、退職したい旨をあなたの代わりに伝えてくれるサービスでもう出社する必要はありません。
退職代行SARABAなら退職成功率ほぼ100%です!
他の退職代行サービスと違うのは、労働組合に加入しているので、退職日の調整や損害賠償請求されたときの対応などもすることができます。
また知名度のある退職代行サービスにも関わらず24,000円という低価格です。
まずは気軽に相談してみてくださいね!

退職代行SARABAの公式HP