介護・福祉

社会福祉協議会では働かない方がいい5つの理由!

アツシ
アツシ
どうも!アツシです。

今回のテーマなんですが、「社会福祉協議会で働かない方がいい5つの理由」というテーマです

結論から言うと、社会福祉協議会で絶対に働くなと言っているわけではなく、働くのであればそれなり覚悟が必要ということです。
福祉業界にしては珍しく、基本的には土日祝がおやすみであったり、夜勤もない部署がほとんどです。

ボランティアや地域福祉が好きな方、社会福祉士の資格を取得した学生さんや公務員のような働き方に憧れている方には大人気です。
が、そんな甘いものではないということをこれからお話ししていきます

あくまでも社会福祉協議会といっても地域によっ行っているて事業が違うので、参考程度に聴いていただければと思います。

記事を読み進める前に

社会福祉協議会の求人を探す前に転職エージェントに相談しましょう。
コンサルタントが希望条件に沿って求人を探してくれるので手間も省けますし、相手企業との条件交渉なども行ってくれるのでメリットがたくさんあります。
福祉業界以外の求人も多いので、自分に合った仕事が見つかるかもしれません。
今の自分の経験やスキルではどういった求人があるのか確認してみるだけでもOKです。
無料で利用できるのでまずは登録しましょう。

リクルートエージェントの登録はこちら

社会福祉協議会で働かない方がいい5つの理由

①給料が安い

はっきしいって安すぎます。
私が働いていたとこですが、正社員の場合税込みで20万円もありませんでした。

私は嘱託社員として在籍していましたが20万ちょっとでした。
むしろ同期の正社員の方が月給は安かったと思います。
ボーナスを入れても嘱託社員より少し多いぐらいだったと思います。

②やることは地域会長の接待

これをいうと、仕事はこれだけじゃないと怒られそうですが、地域支援の担当になった場合はほぼ地域の会長へのヨイショが必要です。
何か地域事業をしようにも、どれだけ地域の人たちがイエスと言っても会長がノーといえばノーです。

しかも会長は引退している方が多いので、頭のかたい方が多く、変化を嫌います。
社協は行政ではないのですが、どうしても行政との結びつきが強いために、行政の人間だと思われてしまいます。
そして行政というだけで聞く耳もたずという会長もいます。

③土日は担当地域の行事に参加させられる

地域では夏祭りなど土日にイベントごとが多いです。

土日のお休みの日にわざわざ地域のイベントに顔出すのは少々疑問ですが、でもこういった行事に参加しておかないと地域支援がうまくいかないので参加せざるをえません。
しかもあくまでも個人的に参加したくて参加したという程なので、休日出勤手当などは出ません。

④困難事例が多すぎる

社会福祉協議会はいわゆる福祉の総合窓口的なポジションでもあるため、相談の幅が広すぎます。

介護保険のことや障害者制度のことなど、幅広く知ってなければなりません。
正解がないため、自分の知識がないためにうまく支援ができないといったこともあるので、探究心は必要です。

⑤自分の仕事以外はしない人が多い

これこそどこの職場もそうだと言われそうですが、自分以外の仕事はしない人が多いです。

でも売り上げや利益がどうこうといった話しではないので
仕事してもしなくても給料は同じです。

アツシ
アツシ
私も生活福祉資金という仕事を担当していたのですが、私が休んでても生活資金に困った人の相談はどんどん入ってきます。

本来であれば残っている職員で相談を聞いてあげるのが普通なんですが、「担当はお休みです」と要件も気かずに切ってしまう人がほとんどです。
休み明けに出勤して連絡してみると、もう話を聞く前から対象外の方であったりするわけです。

だったら電話かかってきた時点で話を聞いてくれたらわざわざ相手を待たすこともなかったし、何か他につなげられるとこがないかと考えることもできたんです。

 

ここまで社会福祉協議会で働かない方がいい理由をお伝えしてきましたが、もちろん全てが悪いことだけではありません。
私自身も地域の方に親切にしてもらったこともたくさんあります。

なので地域支援がしたいという方はぜひ社会福祉協議会で働いてください。
ただ土日が休める、夜勤がない、有給が使える、介護をしなくていいなどの理由の方は入ってもしんどいだけなのでよく見当してください。

社会福祉協議会以外にも活躍できる仕事はたくさんある

社会福祉協議会以外でも活躍できる仕事はたくさんあります。

特に社会福祉士や社会福祉主事を取得している場合は介護施設のソーシャルワーカーなどたくさん求人はあります。

アツシ
アツシ
経験者から言わせていただくと、社会福祉協議会は給料も安いし待遇もよくないです。

それに利益追求型の仕事ではないので、意識の低い職員も多いです。
公務員と同じような待遇が受けられると勘違いしている人も多いですが、そんなのは昔の話であって、今では昇給もなかなかできませんし、実力よりも人事に気に入られてる人が出世したりします。

特にこの業界にいる人はコミュニケーション能力も高いので、意外にも他の業界でも通用する人が多いです。

転職エージェントで意外な仕事が見つかる

社会福祉協議会で働こうとする前に転職エージェントに相談してみるのもひとつの方法です。

というか相談したほうがいいです。
基本的に無料で相談できますし、今の自分の立ち位置を知ることができます。

ここまで読んで、それでも社会福祉協議会で働きたいのであれば止めはしませんが、少しでも悩んだ場合は一度転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントでは介護業界だけでなく、一般企業の求人も取り扱っているのでよりあなたに合った仕事が見つかる可能性が高くなります。

これから転職市場が盛んになってくるので、他の人に求人を取られないためにも今すぐ登録しておいた方がいいです。

良い求人が見つかってから登録してもいいですが、もしあなたがコンサルタントの立場として、いきなり登録してきた人と以前から登録してすでにヒアリングが済んでいる人だったらどちらに求人を紹介したいですか?

答えがわかった方はすぐにでも登録しておきましょう。
もちろん登録したからと言ってすぐに転職する必要はなく、将来的にいい求人が見つかれば転職したいと伝えておけば大丈夫なので安心してくださいね。

リクルートエージェントの登録はこちら

 

関連記事