転職・仕事

パニック障害で働けないと悩んでいる人におすすめの仕事!

 

アツシ
アツシ
アツシです!

パニック障害は克服するのが難しいですよね。
しかし、だからと言って働かないというわけにもいかず、その焦りから余計にパニックになってしまうこともあります。

そこで、今回はパニック障害で働けないと悩んでいる人へのアドバイスをさせて頂きます

 

現在、パニック障害で働けないと悩んでいる方も安心してください。パニック障害でも働くことはあるんです。

「パニック障害は脳の病気である」

パニック障害の原因は完全に解明されているわけではありませんが、強い不安やストレスなどいくつかの要因が重なり、脳の神経や神経伝達物質の異常が発生して生じる病気だとされています。

めまいや動悸、息切れなど突然パニック発作が起こってしまいます。

パニック障害は脳の病気だとされており、単に心が弱いからというのは全くの誤解です。

しかし、職場ではなかなか理解を得られないこともあり、結局は働けなくなってしまうケースが多いのです。

パニック障害でも働ける方法をお伝えします!

 

【パニック障害で働けないと悩まなくて大丈夫!】

働きたい気持ちはあってもなかなか自分に合った仕事が見つからない、いざ仕事が決まっても続くか不安・・・といった悩みをお持ちの方は就労移行支援事業所でのサポートを受けるのが一番最適な方法です。

リンクビーは発達障がい専門とないっていますが、母体であるゼネラルパートナーズは他にも症状に合わせた事業所を構えているので、相談内容をお聞きし、あなたに合わせた事業所を紹介してもらえます。まずは気軽に相談
してください!

就労移行支援【リンクビー】に相談する

パニック障害になってしまう原因とは?

そもそもパニック障害になってしまう原因をまずは詳しく見ていきましょう。

パニック障害という病気は、下記の状況で発症してしまうケースが多いと言われています。

  • 不安症や心配症、こだわりが強くなる
  • 人間関係などのストレスを強く感じたとき
  • 一度パニック発作を起こし、また発作が起きたらどうしようという不安に駆られたとき

そして社会人になってパニック障害になってしまう原因は、職場で上記の理由で知らず知らずのうちに強いストレスを抱えているために、発症してしまうことが多いのです。

パニック障害になってしまうと、働きたいと思っていても発作がいつ起きるかわからないために不安が強くなり、身体がついていかないという状態になってしまうのです。

まずはしっかりと休養することが大切

アツシ
アツシ
パニック障害になってしまった人は、まずはしっかりと休養をとることが大切です。

 

仕事に行かないといけない、働かないといけないと無理をしてストレスを感じると、余計に症状が悪化し、うつ病になってしまうこともあります。

また、どこも病院を受診していない人は精神科で医師に相談してみることが重要です。

パニック障害はすぐに治るものではないので、1日でも早く病院を受診することをおすすめします!

パニック障害からの仕事復帰で気をつけておきたいこと

最初にお伝えした通り、パニック障害であっても仕事に復帰することは可能です。しかし、仕事復帰をする時に気をつけておきたいことがあります。それが下記の3点になります。

①規則正しい生活を心がける

パニック障害から仕事に復帰する時に気をつけておきたいこととして、まずは規則正しい生活を送ることは大前提となります。

できるだけ毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きましょう。睡眠時間は6時間〜8時間が最適です。

朝起きてすぐに太陽の光を浴びることで体内にセロトニンが生成されます。セロトニンは脳内で作られ、精神を安定させるホルモンと言われています。

また、アルコールやカフェインは精神に悪影響を与えるのでできるだけ控えましょう。特に症状が思わしくない時は禁物です。

②ハードワークな職場は避ける

次にパニック障害からの仕事復帰で気をつけたいこととして、ハードワークな職場は避けるということです。

というのも、パニック障害となってしまう原因として、不安や心配に襲われてしまうことで過呼吸になってしまい、パニック発作を起こしてしまいます。

ハードワークな職場であると、ゆっくりと休息をする時間がなく、忙しさから焦りも出てきてしまい、過呼吸を引き起こしてしまう可能性もあります。

パニック障害はストレスを感じることでも発症しやすくなります。

そのため残業がない職場、休日をしっかりと取れる仕事など、規則正しい生活を送れる仕事を選ぶようにしましょう。

③人間関係で悩まない仕事を選ぶ

3つ目にパニック障害からの仕事復帰で気をつけたいこととして、人間関係で悩まない仕事を選ぶことも重要になります。

パニック障害を発症してしまった人の中には、職場の人間関係が原因でパニック障害になってしまう人もいます。そのような場合、特に危険なのは、人間関係のストレスの原因がある元の職場に復帰をすることです。

しばらく休職していたことで、どこか後ろめたさを感じることがあり、それが不安材料となってしまい、再発やうつ病になってしまうことがあるので注意が必要です。

就労移行支援事業所なら働くための準備ができる

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所というのは耳にしたことはありませんか?

 

アツシ
アツシ
就労移行支援事業所とは、パニック障害などで働けない人が働くために必要なスキルや生活習慣を身に付ける訓練施設のようなものです。

 

学校や塾などとは違い、あなたのペースに合わせてゆっくりとプログラムを進めることができます。

「働きたい気持ちはあるけど今の状態では働けない、でも働かないと・・・」

矛盾した気持ちってありますよね?

就労移行支援事業所であれば、履歴書の書き方や仕事で必要なパソコンスキルなども学ぶことができるので、就労に一歩近づきます。

就労移行支援事業所は収入や障害によって多少異なりますが、基本的には無料で利用できます。

障害者の法定雇用率の引き上げによって、大手企業は統合失調症など障害を抱えた人たちを積極的に採用する傾向にあり、就労移行支援事業所から大手企業へ応募できる機会もかなり増えています!

 

アツシ
アツシ
パニック障害に対応している就労移行支援事業所ならリンクビーに相談するのがいいと思います。

親会社は他にも障害者の就労に関することを運営しているのでノウハウもあって安心です!

 

できるだけで早く働きたい気持ちもあるかもしれません。

しかし、慌てて働くより就労移行支援事業所に通う方が生活習慣もスキルも身に付けることができ、大手企業へ就職できるチャンスも増えるので、絶対に通った方がメリットはたくさんあります!

いきなり通うとなると抵抗があるかもしれないので、就労移行支援事業所が気になる方はまずは相談だけでもしてみましょう!

リンクビーは発達障がい専門となっていますが、発達障がいではないから相談できないというわけではありません。
母体であるゼネラルパートナーズは他にも症状に合わせた事業所を構えているので、相談内容をお聞きし、あなたに合わせた事業所を紹介してもらえます。
まずは気軽にリンクビーに相談してくださいね!

就労移行支援のリンクビーに相談する

 

\ もっと詳しく知りたい方はこちら /

就労移行支援事業所のリンクビーとシゴトライを見学してきました! リンクビーとシゴトライは、株式会社ゼネラルパートナーズが運営している就労移行支援事業所です。 障がい者の転職支援なども...