介護・福祉

パーソナリティ障害で働けないと悩んでいる人におすすめの仕事!

アツシ
アツシ
アツシです!

今回はパーソナリティ障害で働けないと悩んでいる人へのアドバイスをさせて頂きます!

現在、パーソナリティ障害で働けないと悩んでいる方も、安心してください。パーソナリティ障害でも働ける仕事はあるんです。

パーソナリティ障害というのはいわゆる発達障害の一部です。

精神的に人と対話が出来ない怖さ、過去の人間関係の怖さを念頭に置いて人と接することがあるとパニックになってしまいます。

パーソナリティ障害の人は対人関係をあまり主旨としない仕事の方が向いています。

それではパーソナリティ障害の人でも働ける仕事についてアドバイスいたします!

パーソナリティ障害で働けない原因とは?

パーソナリティ障害というのは対人関係が苦手であったり、特に人と上手な接し方が分からない人に起こります。

それが原因で人前に出ることを苦手とする以外に、仕事の面接をしても上手くやっていけないと判断されるため、よく落とされます。

ますます対人恐怖や対人関係の不安が強くなり、病気が進行してしまいます。

たとえ面接に通って働けることになっても、職場での人間関係がうまくいかず、結局は働けないという人もたくさんいます。

しかし、パーソナリティ障害はうつ病や統合失調症と違い、原因を突き止めることで治る可能性もある病気です。

働けない原因は周囲の理解のなさや、人間関係に馴染めないからです。

パーソナリティ障害という言葉を聞いたことがない人はまだまだ多いのが現状です。

普通の病院に通っても、パーソナリティ障害は重い障害と判断されないことの方が多いのです。

パーソナリティ障害にはどういった種類があるの?

アツシ
アツシ
パーソナリティ障害といっても実はいくつか種類があります!
パーソナリティ障害にはどういった種類があるのか見てみましょう。

回避性パーソナリティ障害

まず代表的なものが回避性パーソナリティ障害です。

人と接することが苦手なために、人と会うのを怖がったり、人と会うことを避けるタイプです。

普段から人と会うのを逃れて過ごそうと考えてしまう傾向があります。

境界性パーソナリティ障害

次に、境界性パーソナリティ障害というのもあります。

境界性という名前は神経症と統合失調症の境界にあることから付けられたとされています。

境界性パーソナリティは、自分の感情がコントロールできなくなることがあります。

信頼している人に依存する傾向があり、見捨てられることを強く恐れ、過剰なぐらい不安を抱いてしまいます。

また、薬物やアルコール、過食や万引きなど、自己を損なう行為に走ることもあるので注意が必要です。

その他のパーソナリティ障害

他にも統合失調型パーソナリティ障害自己愛性パーソナリティ障害反社会性パーソナリティ妄想性パーソナリティ障害依存性パーソナリティ障害など、このようにパーソナリティ障害は細かく分かれています。

自分がどれに当てはまるのかわからないという方は、精神科などで受診することをおすすめします。

パーソナリティ障害からの仕事復帰で気をつけておきたいこと

最初にお伝えした通り、パーソナリティ障害であっても仕事に復帰することは可能です。しかし、仕事復帰をする時に気をつけておきたいことがあります。それが下記の3点になります。

①人付き合いに慣れることから始める

パーソナリティ障害からの仕事復帰で気をつけたいこととして、仕事をする前にまずは人付き合いに慣れることが大切です。

すぐに人付き合いが出来なくても、人通りの多いところに出かけてみて人混みになれるという方法もあります。

また、人付き合いに慣れるのは大切ですが、無理して仲良くする必要はありません。

特に職場だと、仕事が終われば他人なので、合わない人とは職場だけの付き合いと割り切ることも必要です。

②人と関わる機会が少ない仕事を選ぶ

2つ目にパーソナリティ障害からの仕事復帰で気をつけたいこととして、人と関わる機会が少ない仕事を選ぶことです。

サービス業などの直接お客さんと接する仕事はあまり向いていません。

コミュニケーションを取るのが少し苦手なだけであっても、お客さんはあなたの事情をわかっていないので、要望やクレームなどを言われます。

うまく接客しなければならないと思うとプレッシャーがかかってしんどくなることがあるので、できれば人と接する機会が少ない仕事が向いているでしょう。

③人間関係で悩まない仕事を選ぶ

3つ目にパーソナリティ障害からの仕事復帰で気をつけたいこととして、人間関係で悩まない仕事を選ぶことも重要になります。

パーソナリティ障害は発達障害の一部であることをお話ししましたが、まだまだ名称すら知名度がなく、どういった障害なのかなかなか理解を得られないことがあります。

人間関係があまりよくない会社だと、パーソナリティ障害への配慮を求めるのが難しく、仕事ができない人だと言われてしまうこともあります。

そのことからトラウマになり、症状が悪化してしまったり、余計に社会復帰が難しくなってしまいます。

人間関係で悩まない仕事を選ぶようにしましょう。

パーソナリティ障害の人には在宅でできる仕事がおすすめ!

アツシ
アツシ
これまでパーソナリティ障害についてお伝えしてきましが、あなたのようにパーソナリティ障害で働けないと悩んでいる人にオススメの仕事があります!

それは在宅でできる仕事です!

仕事=外に行かないとできないものと思っていませんか?

確かに昔であれば、オフィス、工場、店舗など、職場に出勤しないと仕事ができないのが当たり前でした。

しかし、最近では在宅でできる仕事も増えてきているのです!

例えば、在宅でできる仕事の例としては、、

  • WEBライターの仕事
  • ラベル貼りの仕事
  • 荷物の梱包作業
  • アンケートモニターの仕事
  • 覆面調査・市場調査

などあげ出せばキリがないほど、在宅の仕事はたくさんあります。

パーソナリティ障害で働けないと悩んでいる人にとって、在宅の仕事は非常に向いています!

在宅の仕事に向いている理由
  • 人間関係で悩むことがない
  • ストレスが軽減される
  • 自分の裁量で仕事ができる

など、パーソナリティ障害になっても働けるのが在宅の仕事の魅力です!