転職・仕事

生活福祉資金の仕事をもう辞めたい|退職代行サービスなら今すぐ退職可能!

 

アツシ
アツシ
以前、僕自身も生活福祉資金の仕事を経験していました。

しかし、生活福祉資金の仕事はメンタル的にも厳しく、担当者も少ないので大変なお仕事で何度も辞めたいと思いました。

そこで今回、生活福祉資金を今すぐ辞めたい人にオススメの退職方法をお伝えします!

 

生活福祉資金とは?

生活福祉資金とは、いわゆる福祉の貸付事業です。

全国社会福祉協議会が主体となって、低所得者などに一時的にお金を貸し付ける事業です。

高校や大学に行くための教育支援資金や、仕事を退職して次の仕事が決まるまでの生活費を一時的に借りることができます。

福祉事業なので誰でも借りられると思われる

銀行からお金を借りようと思ったとき、ある程度収入がないと借りられませんよね?

生活福祉資金は、銀行などでは審査が通りにくい低所得者向けの貸し付けなので、お金がない人がほとんどです。

福祉という観点からか、お金を貸してほしいとお願いする人は少なく、福祉は困っている人を助けるのが当たり前だからお金を貸して当然だと思っている人が多いのも事実です。

クレームや問い合わせも多く精神的にも辛い

福祉事業と言っても取り扱うのは”お金”なので審査が甘いわけではありません。

本来は返済見込みがなく、生活がどうしようもない人はそもそも生活保護を受けてくださいというのが前提です。

しかし、こういう人に限って「生活保護は受けたくない」とプライドが邪魔します。

 

アツシ
アツシ
条件が合わずに申請ができないと怒鳴ってきたり、お金がないのは仕方ないと開き直る人までいました。

お金を借りたいのは向こうなのに、なぜ自分が気を使わなければならないのか疑問に感じこともありました。

 

しかし、生活福祉資金は最終的に各都道府県の社会福祉協議会が審査をするため、基本的には必要書類を揃えて申請するのが仕事なので、同僚たちからは大変な仕事であるということを理解してもらえません。

辞めたくても引き継ぎが終わらない

生活福祉資金は次々に問い合わせが舞い込んできます。

特に11月・2月〜3月ごろは学費の相談がとても多く、いくつもの案件を同時に抱えることが多くなります。

休み明けは折り返しの電話に追われるばかりです。

辞めようと思っても引き継ぐことが多く、なかなか辞めるに辞められないことが多いです。

今すぐ退職する方法!

契約期間終了まで待てるのであればいいですが、もう待てないのであれば今すぐ退職しましょう。

自分の体を壊してまでやる必要はありません。

もし罪悪感を感じるのであれば、今のうちに利用者とやりとりや、必ずやらなければならない業務だけわかりやすくノートなどにまとめておけば大丈夫です。

 

アツシ
アツシ
そして今すぐ退職したいのであれば退職代行サービスを利用しましょう!

 

退職代行サービスは今話題のサービスであり、あなたに代わって上司に退職したい旨を伝えてくれるだけでなく、即日退職も可能です!

必要な書類などは郵送でやりとりするので、もうあなたが職場に行ったり上司とやりとりする必要もありません。

退職代行サービスSARABAなら今すぐ退職可能!

 

アツシ
アツシ
「退職代行サービスといってもどこに頼めばいいの?」という人は、退職代行サービスSARABAがオススメです!

 

退職するのに苦労することも多いですが、でも退職後の手続きや転職活動の方が時間もかかって大変なので、退職に関する時間やストレスを退職代行サービスに任せるのはとても効率的だと思います。

さらにSARABAでは、

  • 雇用形態に関係なく低価格料金!(他社だと50,000円もすることも)
  • 万が一退職できなかった場合は全額返金してくれるので安心!
  • 24時間対応可能
  • LINEでもやりとりができるので迅速対応が可能
  • 行政書士がサポートしているので安心!
  • 希望者には退職後の転職サポートも!

とオススメしたいポイントがたくさんあります!

 

アツシ
アツシ
安くて一律料金だとわかりやすくていいですね。

また、担当者とLINEでやりとりできるのも魅力的なポイントだと思います!

 

退職せずに無理せず続けた場合、精神的負担から体を壊してしまうこともあります。

体を壊してしまうと退職しようという意思すら消え失せてしまいます。

退職代行サービスはそうなる前の有効な手段だと思います。

相談は無料でできるので、まずは相談だけでもしてみましょう!

 

アツシ
アツシ
退職代行サービスSARABAは下記のリンクから相談できます。

新しいスタートを切り開きましょう!

>>今すぐ退職したい方はコチラ