介護・福祉

介護施設の生活相談員で働けないと悩んでいる人にオススメの転職!

アツシ
アツシ
介護施設の生活相談員は、施設で暮らす高齢者にとってはなんでも相談できる心強い存在です。

しかし、色々な要望やトラブルも多いため、生活相談員はとても大変なお仕事です。

もう辞めたいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

高齢者や入居者の良き理解者となるために生活相談員になったものの、実際は悩みや相談を聞いて解決するといった綺麗な仕事ではなく、辛いことだらけで落胆したこともあるかと思います。

生活相談員を辞めて転職しようと思ったこともあるかもしれませんが、せっかく得た資格や経験を無駄にもしたくないと悩んでいることでしょう。

しかし、生活相談員を辞めたいと悩んでいる人でも大丈夫です!

そこで今回、生活相談員の転職についてお伝えします。

スマイル SUPPORT 介護のHP

生活相談員のお仕事とは?

生活相談員が活躍できる場所は主に、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、老人保健施設、デイサービスなどたくさんあります。

特別養護老人ホームやデイサービスなどは生活相談員を配置する必要がありるので、こうした介護施設で勤務している人が多いのではないでしょうか。

生活相談員であれば社会福祉士や社会福祉主事任用資格などを保持していると思うので、社会福祉協議会や地域包括支援センターなどで勤務している人も多いです。

 

生活相談員とっていも介護施設によって業務内容は異なりますが、主な仕事内容としては、

  • ケアマネジャーと利用者の連絡窓口
  • 入所施設の入退所手続きなど、利用開始や利用中止に伴う業務。
  • 居宅サービスの個別援助計画の作成業務や入所施設のケアプラン作成への補助。
  • 利用者やその家族の相談業務
  • 地域との連携や調整
  • 苦情受付業務

などがあります。

ただ、ここからここまでといった業務範囲がはっきりと決められていないため、何でも屋のように扱われることもあり、辞めたいと悩んでいる人も多く存在します。

生活相談員を辞めたくなる3つの理由!

アツシ
アツシ
生活相談員を辞めたくなる理由は様々ありますが、ここで特に多い理由を3つ紹介します!

①仕事量が多すぎる

上記でもお伝えした通り、生活相談員は介護士などに比べると業務範囲が広いので、激務に陥りやすいです。

また各施設に1名程度の配置なため、休んでいる間に誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、休めば休むほど業務がたまってきます。

夜遅くまで残業したり、休日出勤になってしまうことも多々あります。

休日でも生活相談員がいないからと電話がかかってきて、結局は仕事から離れられずにリフレッシュができないこともあります。

②給料が安い

給料が安いのも生活相談員を辞めたくなる理由の一つです。

業務量も多く、とてもじゃなければ定時で上がるのは難しいですが、基本的に事務仕事なため、自分の力量次第だと理不尽な理由から残業代が出ないケースも多いです。

介護士と違って夜勤もないため、給料は死ぬほど安いです。

手取りで20万円もない生活相談員も多いのではないでしょうか。

③理不尽な相談や家族との調整が大変

生活相談員を辞めたくなる理由の3つ目ですが、理不尽な相談や家族との調整が大変なことです。

実際にあったケースですが、利用者から相談だといって毎日何度も呼び出され、結局は介護士が忙しくてやってくれないからと雑用をさせられることもあります。

利用者が大変な人であっても、家族が理解のある人であれば次第にスムーズに支援がうまくいくようになるのですが、家族がクレーマーだったりするともう大変です。

どこの介護施設もギリギリの人数で運営しています。

しかしただでさえ大変なのに、お金を払っているのだから何でも要望を聞いて当然といった家族もいます。

毎日電話をかけてきてはクレームを言い、直接来訪しては介護士を捕まえてずっと無茶な要求をしてくる家族も実際にいます。

生活相談員も人間なので、こうしたことが続くとさすがにしんどいですよね。

>>生活相談員を辞めたいと悩んでいるならコチラ

実際に生活相談員になったのに介護職の仕事ばかり

アツシ
アツシ
生活相談員を辞めたくなる理由をお伝えしましたが、他にも、生活相談員になったのに実際の業務内容と異なるといったケースもあるようです。

これはよくデイサービスなどに多いのですが、人件費の関係で生活相談員を専任で雇う余裕はありません。

そこで生活相談員と兼任しているケースが多いのですが、でも実際は兼任どころか、朝と夕方は送迎、昼間は入浴援助といったように、やってることは介護士と変わらないといったこともあります。

しかも介護職でなければ介護職員処遇改善手当がもらえない場合もあります。

転職してから失敗したという話もよく聞きますし、転職する際には注意が必要です。

生活相談員を辞めたいと思ったら転職!

アツシ
アツシ
これまで生活相談員を辞めたい理由や辛いことをお伝えしてきましたが、もう辞めたいと考えるようになったのであればいっそのこと転職しましょう!

生活相談員は介護施設によって業務内容や職場環境などが違い、ブラックな介護施設も多いです。

しかし、そこで自分が声をあげて改善を求めても正直すぐに改善することはありません。

もうすでにブラック体質な環境をホワイトにするには労力もかなり使いますし、そなんところに労力を使うのであれば、次の新天地を探すことに使う方がよっぽどあなたのためになります!

転職するならスマイルSUPPORT介護がオススメ!

生活相談員からの転職を考えるなら、スマイルSUPPORT介護に相談するのがオススメです!

スマイルSUPPORT介護介護業界に特化した転職サービスであり、一般的な転職サイトとの違いを見てみると、

  • コンサルタントが1対1であなたの転職をサポート!
  • コンサルタントも有資格者や介護業界経験者がいるので安心!
  • 給料や条件面など、伝えにくいこともコンサルタントが間に入って行います!
  • 面接にもコンサルタントが同行してくれるので安心!
  • 入社前に職場の雰囲気がわかるので不安を解消できます!

など、入社前に職場の雰囲気がわかるのはあなたにとってかなりのメリットではないでしょうか。

また、転職しようと思っても、生活相談員は介護士を比べて募集枠が少ないので我慢して働いてることも多いと思います。

転職してまた失敗したらどうしようと不安になるのも無理はありません。

しかし、スマイルSUPPORT介護なら事前にあなたの要望や職場の雰囲気などがわかりますし、コンサルタントが間に入ることで、リスクがかなり軽減されます。

スマイルSUPPORT介護なら非公開求人も豊富!

さらにスマイルSUPPORT介護は非公開求人も豊富です。

非公開にしている事業所はそれだけ条件もいいので、一般公開してしまうと応募が殺到してしまいます。

つまり、非公開求人にはいい条件の求人がたくさんあり、職場の環境が良い事業所もたくさんあるということです。

しかし、非公開求人は早い者勝ち!です。

良い転職をするにはいかに早く非公開求人をゲットできるかが鍵になります。

生活相談員は介護職と比べて募集枠が少ないので、自分で探すよりこうしたコンサルタントにお願いする方が効率的です。

まだ悩んでいる方も、とりあえず登録し実際に話を聞いてみてから転職すべきか判断してもいいと思います!

スマイルSUPPORT介護は下記のリンクからすぐに登録できるので、ぜひあなたが活躍できる職場が見つかるように応援しています!

スマイル SUPPORT 介護のHP

関連記事