介護・福祉

サービス付き高齢者向け住宅を辞めたいと悩んでいる人にオススメの転職!

 

アツシ
アツシ
最近、特別養護老人ホームや有料老人ホームだけでなく、サービス付き高齢者向け住宅も増えてきました。

しかし、夜間帯に介護職員が常駐していなかったり、夜勤もワンオペであったりと実態は過酷で辞めたいと悩んでいる人も多いと思います。

 

サービス付き高齢者向け住宅は「サ高住」とも言われますが、特別養護老人ホームや有料老人ホームと違い、介護施設ではなくあくまでも「住宅」として扱いになります。

じゃあ在宅で生活できる人が多いだろうし、介護する方も楽でいいですね!とはなりません。

むしろ特別養護老人ホームや有料老人ホームはだいたい業務内容は想像付きますよね?しかし、サ高住は完全に在宅扱いとしているとこもあれば、介護施設のようにしっかりと見守り体制が付いてるサ高住など様々です。

いざ入社してみると想像していたのと違って、サ高住を辞めようかと悩んでいると思います。

そこで今回、サービス付き高齢者向け住宅を辞めたい人にオススメの転職方法をアドバイスします!

今すぐ知りたい方はコチラ

 

自己紹介
  • 名前:アツシ
  • 経歴:元介護士。介護士を4年、その後社会福祉協議会で生活相談員を経験。 約7年間、福祉業界に携わる
  • 資格:介護福祉士、社会福祉主事、キャラバンメイト(認知症サポーター)

 

サービス付き高齢者向け住宅を辞めたくなる3つの理由!

 

アツシ
アツシ
サ高住を辞めたくなる理由は様々ありますが、ここで特に多い理由を3つ紹介します!

 

①介護士なのか管理人なのかわからない

サ高住は「住宅」としての扱いにはなりますが、介護サービス付きなので訪問介護サービスや24時間定期巡回サービスなどを提供しているため、介護施設のように介護士としての役割も担います。

しかし、あくまでも「住宅」としての扱いなので時には管理人のような仕事もさせられることもあります。

介護の仕事がしたいのに業務は住宅の管理人、または管理人の仕事がメインだと思ったら介護ばかり・・・と思っていたのと反対だと最悪なので入社前にしっかりと確認が必要です。

②”住宅”としながらも重度の方が多い

これも多い理由の一つとして「住宅」であるため、入居している人も在宅で生活ができる軽度の人ばかりかと思えば、どう考えても介護施設に入居すべき重度の人もいます。

サ高住なのに要介護5で完全寝たきりでトイレ誘導するにも一苦労といった入居者もいたケースもあります。

③在宅”扱いなのでレクリエーションなどが少ない

これは人によって良しと捉えるか残念と捉えるか意見が分かれると思いますが、住宅なので介護施設のようなレクリエーションやイベントは少なめです。

とあるサ高住で、デイサービス経験者の介護士が「もっとレクリエーションがしたい!」と申し出たところ、

「ここは介護施設じゃないし、あなたの住んでいるマンションでしょっちゅうレクリエーションなんてしないでしょ?」

と言われたそうです。

しかし忙しい介護士にとってレクリエーションは時間を取られるので、ない方がいいという人にはいいかもしれないですね。

サービス付き高齢者住宅は事業所によってサービスが全く異なる

上記でもお伝えした通り、サ高住は事業所によってサービスが全く異なります。

常時職員がいない高齢者住宅もあり、ベッドから転落することの多い利用者をベッドに縛り付けて虐待していたニュースもありましたね。

ただサ高住であれば介護サービスも提供しているので、高齢者住宅に居宅介護支援事業所を併設しているケースが多いと思います。

介護士としてなのか、管理人業務が多いのかなどは事前に確認しておきましょう。

夜勤者がいない、またはワンオペというサ高住も

介護施設であれば入居者数に対して介護士の配置が義務付けられています。

夜間帯でも特別養護老人ホームであれば1フロアごとに介護士1名以上または2ユニットで介護士1人以上は配置されていると思います。

しかしサ高住は介護施設ではないので明確な基準がありません。

市町村や利用している介護サービスにもよるのですが、例えば緊急コールが鳴ってから30分以内に駆けつけられる介護福祉士以上の者が、1名以上配置されていればOKというケースもあります。

緊急時に30分も放置していたらもう手遅れですよと言いたいのですが、100人以上入居しているサ高住であっても夜間帯は介護士が一人しか配置されていないというサ高住もありました。

そうした大変さからサ高住を辞めたいと思う人も多いでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅を辞めたいと思ったら転職!

サ高住を辞めたくなる理由をお伝えしてきましたが、正直今の職場がすぐに体質改善できるかというと、できません。

むしろこのまま辛い思いをしながら働くことになるでしょう。

介護業界は全体的に人手不足ですし、今のサ高住が辛いのであれば転職することをオススメします!

転職するならスマイルSUPPORT介護がオススメ!

サ高住からの転職を考えるなら、スマイルSUPPORT介護に相談するのがオススメです!

 

スマイルSUPPORT介護介護業界に特化した転職サービスであり、一般的な転職サイトとの違いを見てみると、

  • コンサルタントが1対1であなたの転職をサポート!
  • コンサルタントも有資格者や介護業界経験者がいるので安心!
  • 給料や条件面など、伝えにくいこともコンサルタントが間に入って行います!
  • 面接にもコンサルタントが同行してくれるので安心!
  • 入社前に職場の雰囲気がわかるので不安を解消できます!

など、入社前に職場の雰囲気がわかるのはあなたにとってかなりのメリットではないでしょうか。

特に先ほどお伝えした通り、サ高住によって業務内容や介護サービスの提供の仕方が違うので事前に細かい部分まで確認しておく必要があります。

しかし、面接ではなかなか細かい部分まで聞きにくいこともあるので、コンサルタントが間に入って聞いてもらえるとかなり心強いですね。

スマイルSUPPORT介護なら非公開求人も豊富!

さらにスマイルSUPPORT介護は非公開求人も豊富です。

非公開にしている事業所はそれだけ条件もいいので、一般公開してしまうと応募が殺到してしまいます。

 

アツシ
アツシ
つまり、非公開求人にはいい条件の求人がたくさんあり、職場の環境が良い事業所もたくさんあるということです。

しかし、非公開求人は早い者勝ち!です。

条件が良いとすぐに採用が決まって募集終了となる可能性も高いので、どうしようか悩んでいる間に他の人取られてしまいます。

 

アツシ
アツシ
下記のリンクからすぐに登録できます!

ぜひあなたが活躍できる職場が見つかるように応援しています!

>>スマイル SUPPORT 介護のHPはコチラ 

 

関連記事