介護・福祉

就労移行支援事業所で働けないと悩んでいる人にオススメの転職!

 

アツシ
アツシ
就労移行支援事業所は障害を持つ方の仕事復帰をお手伝いする、立派なお仕事です。

しかし、仕事復帰はそう簡単ではないため、だんだんと疲れて支援員を辞めたいと悩む人も多いです。

 

就労移行支援事業所の利用者には精神障害者が多く、そう簡単に就労できるわけではないので、支援する側も苦労が絶えません。

入社当時は、障害を持っている人が少しでも長く働けるように支援をしたい!と思っていたかもしれません。

でも苦労することが多いので自分のメンタルを維持するのも大変であり、就労移行支援事業所を辞めたいと悩んでいると思います。

そこで今回、就労移行支援事業所を辞めたいと悩んでいる人にオススメの転職方法をお伝えします。

PICK UP!

就労移行支援事業所を辞めたい人はスマイルSUPPORT介護に相談するのがオススメです。スマイルSUPPORT介護なら就労移行支援事業所での経験が活かせるお仕事や非公開求人も多数!下記のリンクから無料で相談できます!

スマイル SUPPORT 介護の公式HP

就労移行支援事業所の主な仕事とは?

 

アツシ
アツシ
まず、就労移行支援事業所の仕事とはどういった業務があるのでしょうか?

 

①ビジネスマナーなどの社会訓練

就労移行支援事業所は就労が目標のため、まずはビジネスマナーなどを身に付ける必要があります。

挨拶はもちろん、人前で話す練習や電話応対、名刺の渡し方の練習も行います。

専門の講師を招いて講習を行うこともありますが、ビジネスマナーは普段から心がけることが大切なので、そうしたところは職員が支援します。

他にも社会訓練には規則正しい生活を送れるように支援することも立派なお仕事です。

それぞれ社会性のレベルも違うので、その人に合わせた支援が必要です。

②パソコン操作など、必要なスキルを身に付ける訓練

ビジネスマナーも大切ですが、就労するためにはパソコン操作などのスキルも必要となります。

今ではどの業界でも基本的なパソコン操作ができることは必須です。

主にExcelやWordといったオフィススキルを中心に訓練を行う事業所が多いですが、最近は他の就労移行支援事業所と差を付けるために、プログラミングやドローンの講習なども行っている事業所もあります。

③モニタリングや書類作成

スキルを身に付けさせるだけでなく、利用者のモニタリングや書類作成も必要なお仕事です。

こうした就労移行支援事業所は精神疾患を持っている利用者が多いので、モニタリングなどで悩みや困りごとなども聞いてあげることが大切です。

市町村から助成金をもらっているため、提出が必要な書類作成もたくさんあります。

精神疾患を持っていることを自覚してもらうのが何よりも大変!

精神疾患を持っている利用者が就職するには、利用者自身が病気であることをしっかりと認識してもらうことが大切です。

病気でできないことを求めてもずっと並行線であり、それよりも自分ができることは何かを探る方がよっぽど早いのですが、それを利用者にどう伝えるべきか、理解してもらうのが大変です。

例えば受け入れてもらえる企業があったとしても、給料が安い、好きなときに休むことができない、といったように利用者側からお断りすることが多いです。

客観的に見ると単なるワガママにも見えますが、病気であるため仕方のないことでもあります。

これをうまく調整するのがとても大変で、辛くて辞めたくなってしまいます。

就労移行支援事業所を辞めたくなる3つの理由!

 

アツシ
アツシ

就労移行支援事業所はとてもやりがいのあるお仕事には間違いありません。が、その分辛くなる事も多く、あなたももう辞めたいと思っていることでしょう。

そこで、就労移行支援事業所を辞めたくなる3つの理由をお伝えします!

 

①利用者から突然キレられたり恨まれることがある

先ほどもお伝えしたとおり、就労移行支援事業所は精神疾患を持っている方が多いため、昨日まですごく機嫌が良かったのに、今日になると突然恨まれていたりすることもあります。

だいぶ昔に利用者と話をした際に冗談で言ったことを、何日も経過してから突然思い出してまるで今言われたかのようにキレられることもあります。

いくら仕事とは言え、またキレられたらどうしようと思うとコミュニケーションを取るだけでもしんどくなってしまいます。

②就職先(受け入れ先)がない

最終目標は利用者が就職することですが、今の日本では障害者を受け入れられる企業がまだまだ少ないのも現実です。

積極的に受け入れている企業もありますが、利用者との条件が合わず、なかなか決まらないことが多いです。

健常者であっても自分にできる仕事とできない仕事があり、本人と雇用主の条件が100%合う企業は絶対にありません。

どこまで妥協できるかも重要になります。

③書類作成が多すぎる

書類作成が多いのも辞めたくなる理由の一つです。

市町村から助成金などを受け取っているため提出しなければならない書類が多く、書類作成に追われて⒈日が終わることもあります。

さらにその間に利用者のモニタリングもあり、その書類もまとめないといけないので書類作成も大変な仕事です。

就労移行支援事業所を辞めたいと思ったら転職!

就労移行支援事業所を辞めたくなる理由をお伝えしてきましたが、就労移行支援事業所を辛くて辞めたいと思っているのであれば転職するのも一つの手段です。

正直今の就労移行支援事業所を辛くて辞めたいと考えているのであれば、今の職場でどう改善しようか考えるよりも、自分に合った職場を探す方が早いです。

酒楼移行支援事業所は全国にたくさんありますし、また就労支援などは相談業務の経験にもなるので、介護施設や福祉事業所の生活相談員などの仕事にも向いているかもしれません。

転職するならスマイルSUPPORT介護がオススメ!

就労移行支援事業所からの転職を考えるなら、スマイルSUPPORT介護に相談するのがオススメです!

 

 

スマイルSUPPORT介護は介護職の求人だけではなく、福祉(介護)業界に特化した転職サービスです。

就労移行支援の経験があるならば、介護施設の生活相談員のお仕事などが向いています。

スマイルSUPPORT介護なら生活相談員の求人も取り扱っているのでオススメです。

一般的な転職サイトなどと違うのは、

  • コンサルタントが1対1であなたの転職をサポート!
  • コンサルタントも有資格者や介護業界経験者がいるので安心!
  • 給料や条件面など、伝えにくいこともコンサルタントが間に入って行います!
  • 面接にもコンサルタントが同行してくれるので安心!
  • 入社前に職場の雰囲気がわかるので不安を解消できます!

 

など、入社前に職場の雰囲気がわかるのはあなたにとって、かなりのメリットではないでしょうか。

特に福祉業界はまだまだブラックな事業所も多く、自分で探すと転職して後悔したという話もよく聞きます。

就労移行支援事業所は主に相談としての経験が豊富なので、介護施設の生活相談員や施設マネージャーなどのお仕事に活かすことができるでしょう。

スマイルSUPPORT介護なら非公開求人も豊富!

さらにスマイルSUPPORT介護は非公開求人も豊富です。

非公開にしている事業所はそれだけ条件もいいので、一般公開してしまうと応募が殺到してしまいます。

 

アツシ
アツシ
つまり、非公開求人にはいい条件の求人がたくさんあり、職場の環境が良い事業所もたくさんあるということです。

 

しかし、当たり前ですが、非公開求人は早い者勝ち!です。

条件が良いとすぐに採用が決まって募集終了となる可能性も高いので、どうしようか悩んでいる間に他の人取られてしまいます。
非公開求人がいつやってくるからわからないので、今すぐ登録しておきましょう!

下記のリンクからすぐに登録できます!
ぜひあなたが活躍できる職場が見つかるように応援しています!

スマイル SUPPORT 介護の公式HP 

関連記事