転職・仕事

非定型(新型)うつ病で働けないと悩んでいる人にオススメの仕事!

ATSUSHI
ATSUSHI
現代の若者に多い、非定型(新型)うつ病。

実は僕自身もなったことがあるのですが、そこで今回は非定型うつ病で働けないと悩んでいる人へのアドバイスをさせて頂きます!

 

現在非定型うつ病で働けないと悩んでいる方も、安心してください。非定型うつ病でも働ける仕事はあるんです。

非定型うつ病は若者を中心に年々増加し、現代病とも言えます。

「うつ病」とは少し症状や対処法が違うので「非定型」や「新型」といった名称が使われています。

うつ病はと非定型うつ病は全く違う病気です。

最大の特徴は、うつ病は趣味すら手につかなくぐらい落ち込みが激しいのですが、非定型うつ病は自分の趣味など楽しいことがあると元気になります。そしてまた仕事など嫌なことが迫ってくると、落ち込みが激しくなります。

 

ATSUSHI
ATSUSHI
ただ、周囲からは「ただ嫌なことをしたくないだけでワガママや単なる甘えなのでは?」と理解されないことが多いです。

これってなった人にしかわからないからとても辛いですよね。

 

 

あなた自身も周囲から理解してもらえずに苦しんできたのではないでしょうか。

しかし、非定型うつ病も心の病気であり、放っておくと自傷行為などに走ることがあるので、単なるワガママや甘えとは言い切れません。

 

社会人になって非定型うつ病になってしまう原因とは?

そもそも非定型うつ病になってしまう原因をまずは詳しく見ていきましょう。

非定型うつ病という病気は、下記の状況で発症してしまうケースが多いと言われています。

  • 人間関係にストレスを抱えている
  • ハードワークで不規則な生活を送っている
  • 仕事でミスをして上司に怒られる

といったように、非定型うつ病は、職場でのストレスが関係していることがほとんどです。

 

ATSUSHI
ATSUSHI
休日は調子が良くても、いざ明日からまた仕事だと思うと気分の落ち込みが激しくなり、朝に起きようとしても体が重くて動けず、会社に行けなくなってしまいます。

 

完全に休むより少しだけ頑張ることが重要

ATSUSHI
ATSUSHI
非定型うつ病になってしまった人は、うつ病とは違い、完全に休養するよりかは無理のない範囲で頑張ることが大切です。

 

非定型うつ病は、脳の神経伝達物質のバランスが乱れや、脳の血流低下なども関係していると言われています。

うつ病であれば休養することが大切ですが、非定型うつ病の場合は完全に休養してしまうより、身近な家事や適度な運動など、少し体を動かして脳を活性化する方が良いです。

また、どこも病院を受診していない人は、精神科で医師に相談してみることが重要です。

非定型うつ病はすぐに治るものではないので、1日でも早く病院を受診することをおすすめします!

症状によっては障害者手帳を取得できることがあります。

障害者手帳取得しておけば、様々な支援を受けられるので、受診先の病院やお住いの市町村に問い合わせてみましょう。

非定型うつ病からの仕事復帰で気をつけておきたいこと

最初にお伝えした通り、非定型うつ病であっても仕事に復帰することは可能です。しかし、仕事復帰をする時に気をつけておきたいことがあります。それが下記の3点になります。

①規則正しい生活を心がける

非定型うつ病から仕事に復帰する時に気をつけておきたいこととして、まずは規則正しい生活を送ることは大前提となります。

非定型うつ病になってしまう人の中には、一日中眠ってしまったりと過眠になることがあります

また、過食傾向に陥ることもあり、甘いものなどをお腹いっぱい食べてしまったりします。

毎日決まった時間に起きる、1日3食しっかり食べるなど、規則正しい生活を送ることが大切です。

②ハードワークな職場は避ける

次に非定型うつ病からの仕事復帰で気をつけたいこととして、ハードワークな職場は避けるということです。

というのも、非定型うつ病となってしまう原因として、残業などの長時間労働や休日出勤といったハードワークからなるストレスが大きく関係しています。

また、非定型うつ病の場合は自分にとって楽しいことだと少し元気になるため、趣味などを持ち、オンとオフを切り替えることも大切です。

そのため残業がない職場、休日をしっかりと取れる仕事など、規則正しい生活を送れる仕事を選ぶようにしましょう。

③人間関係で悩まない仕事を選ぶ

3つ目に非定型うつ病からの仕事復帰で気をつけたいこととして、人間関係で悩まない仕事を選ぶことも重要になります。

非定型うつ病は職場の悩みに関することで発症することが多く、複雑な人間関係はストレスの元になります。

せっかく復帰してもまた人間関係が複雑であると、再発したり症状が悪化することがあります。

非定型うつ病の方には在宅でできる仕事がおすすめ!

上記のように非定型うつ病から仕事復帰をする時に気をつけておきたいことが3点ありますが、この3つを全て満たす職場を探そうと思うとなかなか難しいのが現実です。

 

ATSUSHI
ATSUSHI
しかし、そんな状況の中でも非定型うつ病で働けないと悩んでいる人にオススメの仕事があります。

それが在宅でできる仕事です!

 

仕事=外に行かないとできないものと思っている人も多いのではないでしょうか?

確かに昔であれば、オフィス、工場、店舗など、職場に出勤しないと仕事ができないのが当たり前でした。

しかし、最近では在宅でできる仕事も増えてきているのです!

例えば、在宅でできる仕事の例としては、、

  • WEBライターの仕事
  • ラベル貼りの仕事
  • 荷物の梱包作業
  • アンケートモニターの仕事
  • 覆面調査・市場調査

などあげ出せばキリがないほど、在宅の仕事はたくさんあります。

非定型うつ病から仕事復帰を考えている方には、在宅の仕事は非常に向いています。

  • 人間関係で悩むことがない
  • 自分の裁量で仕事ができる
  • 職場に行く必要がない

など、職場に行く必要がないので余計なストレスを受けることなく働けるのが、在宅の仕事の魅力です!

在宅の仕事で身についたスキルを元に、フリーランスとして仕事を始める人もいるので、まずは自分が興味のある仕事を探してみましょう。

 

関連記事